悲鳴嶼行冥死す!最期を看取った隠は沙代で子どもたちが迎えに来た?

悲鳴嶼行冥死す!最期を看取った隠は沙代で子どもたちが迎えに来た?
Pocket

鬼殺隊の中でも最強の悲鳴嶼行冥。

無惨は塵となりましたが、行冥も右足がなくなり出血多量で今にも死んでしまいそうです。
無惨を倒すために力を使い果たしたのです。

その行冥の過去はとても悲しいものでした。

そこで、鬼滅の刃200話、悲鳴嶼行冥死す!最期を看取った隠は沙代で子どもたちが迎えに来た?ということについてまとめました。

それでは最後までご覧ください(^○^)

悲鳴嶼行冥さんの最後手を握ってる隠の女の子ってまさか…沙代ちゃん…?沙代ちゃんなの…?
ねじこ
ねじこ
いのしし太郎
いのしし太郎
あぁ待って…… 待って行冥さんが死んだ…… 主人公以外の最強格は死ぬっていうジンクスあるけどさ…… 最後の行冥さんの手握るシーン、沙代ちゃんが隠になってて陰ながら行冥さんを支えていた

 

悲鳴嶼行冥死す!

行冥は盲目だが柱の中でも最強の岩柱。

手斧と鉄球を鎖でつないだ武器を使います。

上弦の壱の鬼の黒死牟には数百人に一人の逸材とまで言われていました。

無惨との戦いにおいては、ほかの柱たちに指示をだし、無惨を追い詰めました。

しかし、片足を失うほどの傷を負いますが、それでも戦に戻り、赤ん坊と化した無惨を逃がさないように鎖でつなぎ、無惨を日の光の下へ・・

そして、無惨を倒すことに成功しました。

だが、そんな行冥にも死期が迫ってきています。

 

行冥の悲しい過去

行冥は鬼殺隊に入る前、寺で身寄りのない9人の子どもたちと家族のように生活していました。

ある日、日が暮れるまでには寺に戻るという言いつけを守らなかった子どもがいました。

その子どもは鬼に見つかってしまいました。

鬼に見つかった子どもは、自分の命を助けてもらう代わりに、行冥やほかの子どもたちの命を引き替えにしたのです。

その夜、その子どもは鬼が入りやすいように、藤の花の香を消しました。

行冥は必死にみんなを守ろうとしましたが、沙代一人だけしか守ることはできませんでした。

朝になり、騒ぎに気付いた人たちがやってきました。

そこには、血まみれの行冥と子どもたちの死体が残されていました。

生き残ったのは沙代一人でした。

沙代は

「あの人は化け物、みんなあの人が殺した」と証言したことで行冥が子どもたちを殺したと思われ、逮捕されてしまいます。

死刑宣告を受けたところ産屋敷が助けてくれ、鬼殺隊に入ることになりました。

当時4歳だった沙代。

沙代が言ったあの人とは行冥ではなく、鬼のことを言いたかったのでした。

しかし、鬼は日光によって塵になって消えてしまい、4歳の沙代にとっては、この事件は恐ろしく動揺していたようです。

鬼滅の刃今すぐ読んでみる>>

 

行冥の最期

無惨が崩れ、塵となっていきました。

行冥は隠たちに支えられ、壁に寄りかかっています。

薬を使って治療をされそうになったとき、行冥は拒否します。

自分はすでに手遅れだと、ほかのものに貴重な薬を使ってほしいと。

行冥はもうすぐ死ぬと分かっているのでしょう。

 

悲鳴嶼行冥の最期を看取った隠は沙代

行冥の手を握り泣いている隠がいました。

この隠は女性のようです。

もしかしたら生き残った沙代なのではないでしょうか。

沙代は、事件のショックでまともに話すことはできなくなったのでした。

14歳になった沙代は行冥に謝りたいと思っています。

行冥に近づくには鬼殺隊に入るのが近道でしょう。

そして、行冥の手を握り、沙代の想いを伝えたのではないでしょうか。

行冥には伝わったと思います。

 

悲鳴嶼行冥子どもたちが迎えに来た?

行冥の最期は、沙代と思われる隠に手を握られたとき、行冥の目の前に亡くなった子どもたちが現れました。

そして、あの日のことを謝りたかったと告げます。

逃げ出したのではなく、外にある農具を取りに行こうと思ったのだと。

行冥は目が見えないので、少しでも力になりたかったと・・

人を呼びに行こうと思ったといい、みんな泣き出します。

「いつも通り明日が来れば、ちゃんと話もできたのに、本当にごめんなさい。」

子どもたちは謝るのでした。

そして行冥も、みんなを守れずに済まなかったと謝りました。

子どもたちは行冥が大好きだといい、みんなで天国へ逝くのでした。

 

悲鳴嶼行冥死す!最期を看取った隠は沙代で子どもたちが迎えに来た?

 

悲鳴嶼行冥死す!最期を看取った隠は沙代で子どもたちが迎えに来た?まとめ

鬼殺隊の中でも最強の悲鳴嶼行冥。

無惨は塵となりましたが、行冥も右足がなくなり出血多量で今にも死んでしまいそうです。

無惨を倒すために力を使い果たしたのです。

その行冥の過去はとても悲しいものでした。

そこで、鬼滅の刃200話、悲鳴嶼行冥死す!最期を看取った隠は沙代で子どもたちが迎えに来た?ということについてまとめました。

『鬼滅の刃』(^^♪

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPアニメ公式HPWikipedia少年ジャンプ公式HP

(Visited 144 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA