鬼滅の刃204話最新ネタバレ考察|そして時は流れ舞台は?

鬼滅の刃204話最新ネタバレ
Pocket

こんにちは、たかたろうです。

漫画『鬼滅の刃』最新ネタバレ204話の考察、展開を予想します。

鬼になった炭治郎へカナヲが注射を打ちこみ、しのぶの薬が効いたよう

禰豆子たちの声が届いて、死んだ仲間たちのおかげで戻ってきました。

無惨は必死に止めていましたね。

もう最終回なのでしょうか?

回収されていない伏線が残っている気がしますが・・

そこで、鬼滅の刃204話最新ネタバレ考察していきます。

最後までお読みください(^▽^)/

鬼滅の刃はァ、次号最終回っぽそうっですねェ
ねじこ
ねじこ

 

鬼滅の刃204話最新ネタバレ予想考察

炭治郎が人間に戻れてよかったです。

カナヲが打ったしのぶが作った藤の花の薬が効いたようです。

みんなの想いによって戻ってこれたのですね。

無惨の最期が情けなかったです。

これでもう最後でしょうか?

まだ、残った謎があります。

伏線が回収されるか予想を考察していきます。

 

青い彼岸花

無惨が1000年以上探し続けた青い彼岸花。

無惨が鬼になった薬の原料です。

無惨が消滅したら、青い彼岸花はもう意味がないので、伏線は回収されずに終わるのでしょうか?

彼岸花は別名、曼殊沙華とも呼ばれています。

これは、法華経などの仏典に由来するもので、天上の花という意味もあります。

また、彼岸花は花、茎、葉などすべての部分に毒があり、特に球根に多くの毒が含まれます。

そこで彼岸花は別名「蛇花」とも呼ばれるそうです。

彼岸花の開花時期は9月の中旬から下旬です。

お彼岸の時期に花が咲くのですね。

 

炭治郎の痣

痣の発現した剣士は、攻撃力が上がり、移動速度も大幅に向上するようです。

鬼と戦うには必須のキーワードです。

しかし、痣の発現者は25歳で死ぬのです。

痣の発現は体に大きな負担がかかるため命の前借だそうです。

その痣にも2種類あります。

痣が常に発言している者と一時的に痣が発言するものと・。

炭治郎には痣が常に出ていました。

それが、痣の寿命克服のカギとなる可能性が高いです。

義勇は一時的で常に発現していません。

死んだ悲鳴嶼と無一郎には、痣が発現してから残り続けていました。

痣の寿命の例外となったのは縁壱ただ1人。

その縁壱は痣を常時発現していました。

痣の常時発現が、寿命克服の伏線であろうと思われます。

 

鬼滅の刃204話最新ネタバレ展開考察

最終回になりそうですが、これからも続くならの展開を考察していきます。

 

青い彼岸花の展開

青い彼岸花は鬼を作る薬の原料。

この花がある限り鬼との戦いは終わらないと思います。

無惨以外にも強い鬼の出現。

炭治郎達が新しい柱となり戦う展開・・

 

無惨より強い鬼

無惨が作り出した鬼は、無惨とともに消滅するはず。

鬼たちは、無惨に関する事を喋ったり、名前を口にしただけでも、その身が滅び去ってしまう“呪い”を、配下全員にかけている。

しかし、珠世は無惨の呪いを解除し、支配から逃れています。

珠世のほかにも無惨の呪いを逃れた鬼がいても不思議でないと思います。

無惨の支配を逃れることができる程の強さがある鬼。

無惨より強いのでは?

無惨がいなくなったことで暴れだす。

それを炭治郎達新しい柱が戦う展開。

 

新たな柱候補

義勇と実弥は痣の発現で25歳で死にます。

なので柱は総入れ替わり。

日柱:竈門炭治郎

雷柱:我妻善逸

獣柱:嘴平伊之助

花柱:栗花落カナヲ

「柱」という漢字の画数が九画である為、定員は九名なので、あとは新しいキャラが出てくる展開。

水柱と炎柱は必須。

 

最終回になったら悲しいので、続く展開を望みます。

 

鬼滅の刃204話最新ネタバレ確定

『鬼滅の刃』204話のネタバレです。

「鬼のいない世界」

 

炭治郎の想い

悪い鬼がいなくなった・・

炭治郎は思います。

だけど引き換えに、あまりにもたくさんのものを失った。

それでも俺たちは生きていかなければならない、この体に明日が来る限り。

悪い鬼はいなくなったと言っているので、愈史郎はよい鬼だというのでしょう。

無惨との戦いで命を落とした柱や玄弥たちも、炭治郎や禰豆子の元から旅立つよう・・

その顔は晴れやかな様子で・・

行冥が杏寿郎と笑顔で話をしている様子。

その隣にいる無一郎は炭治郎に微笑みかけ去っていく。

蜜璃と小芭内も笑顔を見せているよう。

その後ろには、微笑むしのぶ、隣には玄弥がほほ笑む。

珠世だけはみんなと反対を向いている。

鬼だからか・・?

 

大きな犠牲

これだけの犠牲があったからこそ、手に入れることができた平和な世界。

炭治郎が、鬼殺隊のみんなが救った世界。

 

炭治郎の様子

みんなは蝶屋敷に戻ってきた。

炭治郎の左手はほとんど力が入らないようで、老人のような手になってしまった。

ひじから下は感覚が内容で触られてもわからない様子。

右目は見えなくなっている。

逆にこれだけで済んでよかったと思う。

一回死んでいるし・・

そんな状態でも仲間を想う炭治郎。

そして、炭治郎はみんなを傷つけたことを申し訳ないという。

禰豆子は炭治郎に一言・・

そんなこと気にする人がいると思うの?

次謝ったらおでこをはじくから、と炭治郎に喝を入れている。

妹萌え!

 

愈史郎がいたからこそ

愈史郎がいたからこそ無惨を倒せたと、感謝する炭治郎。

愈史郎は炭治郎に向かい、本当によく頑張ったな、偉いよお前は・・とらしくなく褒めている。

炭治郎はいつもとは違う表情の愈史郎に驚く。

愈史郎は、冗談だ、真に受けるな、といつもの表情に戻る。

炭治郎は、

愈史郎さん死なないでくださいね。

珠世さんのことをこれからもずっと覚えていられるのは、愈史郎だけですから。

愈史郎は一瞬立ち止まるが、そのまま無言で立ち去る。

愈史郎はたった一人の鬼かな?

 

戦い終わって

無惨との戦いが終わって三ヶ月たち、春が来た。

炭治郎はベッドから桜の舞っている様子を見ている

禰豆子も椅子に座り桜を見ている。

善逸は炭治郎のベッドにもたれている。

伊之助はベッドに寝ている

柱で生き残っているの義勇と実弥。

ほかの柱はみんな死んでしまった。

二人は平和を想い微笑みあう。

いがみ合っていたのに・・

おはぎ不要でした。

 

鬼殺隊は解散!

鬼を倒すということが達成できたことで、鬼殺隊は解散することに。

輝利哉は産屋敷一族を代表してお礼を言う。

義勇も実弥も、そんなことしないでと。・

顔を上げてください、礼など必要ありません。

鬼殺隊が鬼殺隊でいられたのは産屋敷のおかげと伝え。

輝利哉様が立派にお役目を果たされたことを先代や産屋敷家の先祖たちは誇りの思っていると。

輝利哉はこの言葉に涙が止まらない。

ありがとうございますと感謝を告げる。

 

天元と煉獄

炭治郎に見舞いに来たのが、天元と三人の嫁、煉獄父の槇寿郎、煉獄弟の千寿郎。

槇寿郎は炭治郎に杏寿郎の鍔をつけて鬼と戦ってくれたことに礼を言う。

炭治郎は、自分の方こそ、と。

どれだけ杏寿郎の言葉に励まされたかと伝える。

これまでの戦いで杏寿郎の言葉に支えられていたことに感謝していた。

 

アオイと伊之助

伊之助が何かをつまみ食いしている。

アオイはすぐに気づき、

また盗み食いして!

 

伊之助は

し、してねぇ、というが、口いっぱい詰め込んでいる。

なんでこいつすぐ気づくんだ、もしかして強いのか・・と。

アオイは伊之助専用のおにぎりを用意していた。

おなかがすいたらこっちを食べて。

だから盗み食いはやめて。

伊之助はアオイの後ろを戸惑ったように見つめ、おにぎりを見て微笑む。

伊之助とアオイカップル誕生か

 

カナヲと炭治郎

炭治郎は、自分を命がけで救ってくれたカナヲに感謝している。

満開の桜を見上げるカナヲ。

そこへ、炭治郎が声をかける

カナヲの目と傷のことを心配している。

カナヲは笑顔で大丈夫、と。

炭治郎はよかった、と泣いて喜ぶ。

カナヲの傍には鏑丸がいる。

この桜の木は必勝と名がつけられている。

叶ったよと伝えてあげたいと、桜の木を見ながらカナヲが言う。

炭治郎はそんなカナヲをやさしいと思っている。

炭治郎はキュンキュン

 

禰豆子と実弥

禰豆子と実弥が蝶屋敷の廊下でばったりと会う。

明るい禰豆子を見て安心する実弥だったが、禰豆子に謝る。

無惨を倒した後、寝ていたことを気にしているよう。

禰豆子は笑って返す。

私なんて、2年くらい寝ていたことありますよ。

寝るの好きです。

無邪気に話す禰豆子に、弟の玄弥の姿を重ねる。

寝るの好きだ!腹減らねえから。

と言っていた玄弥の笑顔を思い出す。

実弥の表情が優しい・・

禰豆子の頭をなでる!

なぜ頭をポンポンした!

そして、微笑みながら、元気でなと実弥は去っていく。

そんなことを実弥がするとは思わない禰豆子は、ほほを赤くしてドキドキ

それを見ていた善逸

はあ?何してんの?!と鬼の形相

 

義勇と炭治郎

炭治郎と禰豆子は義勇と鱗滝の元へ会いに行く。

炭治郎は義勇に向かって、髪を切ったんですね、と。

義勇の髪の毛が短くなっています。

短髪の義勇もモテそう。

そして微笑みあう炭治郎と義勇。

禰豆子は、鱗滝に抱き着く。

 

 

炭治郎の家に

炭治郎と禰豆子と善逸、伊之助は炭治郎の家で一緒に暮らすことに。

炭治郎の家に向かう途中で鬼殺隊士の墓参り。

そして炭治郎の家に着くと三郎爺さんが待っていた。

感動の再会。

4人は家族の遺体が埋められている場所で手を合わせる。

そこには彼岸花・・・

これで伏線回収?

青い彼岸花の伏線の回収はいつ?花言葉や伊黒との関係とは?

時は流れ

そして時は流れ・・・・

ビルが立ち並ぶ現代へ・・

 

鬼滅の刃204話最新ネタバレ考察まとめ


漫画『鬼滅の刃』最新ネタバレ204話の考察、展開を予想します。

現代へ・・・?

驚きの展開ですね。

炭治郎達の想いは繋がっているのでしょうか?

次が最終回??

回収されていない伏線が残っている気がしますが・・

そこで、鬼滅の刃204話最新ネタバレ考察していきました。

『鬼滅の刃』(^^♪

それでは、最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました!^^

関連サイト:公式HPアニメ公式HPWikipedia少年ジャンプ公式HP