dTVをテレビで見る方法!視聴方法と注意点を紹介

TVをテレビで見る方法!視聴方法と注意点を紹介
Pocket

こんにちは、たかたろうです。

今回は、dTVをテレビで見る方法についてまとめました。

あなたのライフスタイルによって選択方法も異なると思います。

そこで、dTVをテレビで見る方法と注意点についても紹介します。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

\公式サイトをチェック/

>>dTVを試してみる<< 

dTVとは

dTVは、エイベックスとNTTドコモが協力して作り、エイベックス通信放送株式会社が運営しています。ちなみにドコモユーザーでなくても登録できますよ。

dTVで見られる作品はなんと12万本以上。エイベックスが運営しているので、映画やドラマだけでなく、アーティストのライブ映像まで楽しめます。

そんなdTVは、次のような人におすすめします!

  • 料金の安さを重視したい人
  • お笑いや音楽のライブが好きな人
  • 韓流ドラマが好きな人

 

dTVの基本情報
月額料金(税込) 550円
作品数 120,000本以上
同時視聴 1台のみ
対応デバイス スマホ、PC、TVなど
画質 4K対応もある
(SD?HD画質が多い)
無料お試し期間 31日間
無料体験ページ(公式サイト) https://pc.video.dmkt-sp.jp/

 

dTV料金

dTV最大のメリットは、なんといっても料金が安い!

dTVは、動画配信サービスの中でもとくに安い、月額550円です。

 

支払方法

dTVの支払い方法は、

  • ドコモユーザー:キャリア決済(スマホ料金と合算して支払い)
  • ドコモユーザー以外:クレジットカード決済

 

 

dTVの動画をテレビで見る方法

dTVの動画をテレビに映して見る方法は、大きく分けると3つあります。

  • HDMIケーブルを使う
  • スマホとテレビを接続する端末を使う
  • スマートテレビを使う

それぞれの方法を詳しく説明します。

 

HDMIケーブルを使う

HDMIケーブルを使うと、一番お金がかからず、簡単に見られます。

HDMI端子がついたテレビとスマホをケーブルでつなげば、スマホの画面をそのままテレビに映すことができます。

HDMIケーブルのメリット

  1. ケーブルをつなぐだけなので、設定いらずで簡単
  2. ケーブルを持ち運べば、外出先のホテルのテレビなどでも見られる
  3. ケーブルが安い

HDMIケーブルのデメリット

スマホによって対応しているケーブルが異なるため、注意が必要
iPhoneは端子が違うので、純正品を使うと高価になる
ケーブルが短いと、スマホの操作がしにくい

    • 製品名:HDMIケーブル(対応機種は要確認)
    • 価格:720円~

     商品の詳細:Amazon

 

スマホとテレビを接続する端末を使う

スマホとテレビを接続する端末を使えば、簡単な設定でdTVの動画を見ることができます。

利用には、有線またはWi-Fiでのネット環境が必要です。

ここでは、dTVに対応している端末を紹介します。

 

Apple TV

Appleが販売している端末ですが、Androidのスマホでも使えます。

Apple TVは、dTVはもちろん、YouTube動画、huluなど他の動画配信サービスも見ることができます。

iTunesで購入した音楽や、レンタルした映画も再生可能なので、iPhoneやiPadユーザーに、とくにおすすめです。

  • 製品名:Apple TV
  • 価格:14,286円~
  • 有線LAN接続:あり
  • その他の動画サービス: 視聴可能
    商品の詳細:価格.com/Apple公式サイト

 

Fire TV/Fire TV Stick

Amazonが販売している端末で、スティック型のTV Stickと、四角い箱型のFire TVがあります。TV Stickは、スティック状の端子をテレビに差すだけで使えるので、持ち運びにも便利です。

Fire TVの方が値段が高いですが、有線LANでのネット接続と4K画質に対応しているうえ、音声での操作も可能。

どちらも、dTV以外の動画配信サービスも見ることができ、FireFoxアプリを使ってYouTubeの視聴もできます。

  • 製品名:Fire TV/Fire TV Stick
  • 価格:Fire TV(8,980円~) /Fire TV Stick(4,980円~)
  • 有線LAN接続:Fire TVのみあり
  • その他の動画サービス:視聴可能
    商品の詳細:Amazon

 

Chromecast

Googleが販売する、コンパクトな端末です。付属のリモコンはなく、スマホをリモコンにして使います。

Wi-Fi接続が必須なので、有線LANを使いたいなら、上位機種のChromecast Ultra(4K画質にも対応)がおすすめ。

dTVをはじめ、YouTubeや他の動画配信サービスも見ることができますが、Amazonプライムビデオは非対応です。

  • 製品名:Chromecast
  • 価格:4,600円~
  • 有線LAN接続:Chromecast Ultraのみあり
  • その他の動画サービス:Amazonプライムビデオ以外は視聴可能
    商品の詳細:Amazon

 

ひかりTVチューナー

ひかりTVチューナーは、ひかりTVを視聴するための専用機器です。

dTVが見られるのは、ドコモ光で「ひかりTV」を契約した人に限ります。

 

スマートテレビで見る


スマートテレビとは、ネットに接続できるテレビのこと。テレビ画面で直接dTVアプリを操作して、動画を見ることができます。

dTVに対応しているのは、ソニー「ブラビア」・パナソニック「ビエラ」・東芝「レグザ」などです。

 

dTVの動画をテレビで見る注意

ゲーム機は使えないので注意

huluやNetflixは、プレステなどのゲーム機を使って、テレビで動画を見ることができますが、dTVは対応していません。

dTVの動画をテレビで楽しむためには上記の方法しかありません。

 

まとめ

今回は、dTVをテレビで見る方法についてまとめました。

あなたのライフスタイルによって選択方法も異なると思います。

そこで、dTVをテレビで見る方法と注意点についても紹介しました。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました^^