秒速5センチメートル見逃しにはU-NEXT!あらすじや見どころ紹介

秒速5センチメートル見逃しにはU-NEXT!あらすじや見どころ紹介
Pocket

こんにちは、たかたろうです。

『秒速5センチメートル』は、日本の新海誠による2007年のアニメーション映画。

配給はコミックス・ウェーブ。

『雲のむこう、約束の場所』に続く、新海誠の第3作目の劇場公開作品にあたる。

「桜の花びらが舞い落ちる速度」。

新海が監督・原作・脚本・絵コンテ、および演出までを手掛けた劇場作品で、惹かれ合っていた男女の時間と距離による変化を「桜花抄」、「コスモナウト」、ならびに「秒速5センチメートル」という短編3話の連作構成で描く。全63分

そこで、あらすじや見どころについても紹介します。

\公式サイトをチェック/

>>U-NEXT無料お試しをする<<

 

U-NEXTの特徴とは?

月額料金 月額1,990円(税抜)
配信動画数 200,000本以上
無料期間 初回31日間
配信状況 レンタル

U-NEXTの特徴は?

  • 毎月1200ポイント付与され、レンタル作品視聴などに使える。(無料トライアル期間中は600ポイント。)
  • 配信動画数が多く、新作作品の配信も早い。
  • 動画だけではなく、雑誌や漫画も読める。
  • 最大4つまで同時視聴可能で家族で利用できる。

U-NEXTは国内最大級の配信動画数を誇るサービスです。

U-NEXTは配信動画数が多いので見たい作品が配信されています。

また、動画配信サービスには月額料金を払えばいつでも見ることができる見放題作品と月額料金の他に別途課金が必要なレンタル作品があります。

新作映画は通常レンタル作品で配信されることが多いです。

U-NEXTは会員特典として毎月1200円分のポイントが付与されそのポイントでレンタル作品視聴など使えるのでお得です。

月額料金1,990円(税抜)は他の動画配信サービスと比較すると高額ですが、
月額料金1,990円(税抜)-1200ポイント=実質790円と考えるとお得ですよね。
ねじこ
ねじこ

また、U-NEXTでは1つの契約で無料でアカウント3つまで追加でき、合計4つのアカウントが作成できるファミリーアカウントというサービスがあります。

家族で最大4つのアカウントで別々の端末で同時に視聴が可能というU-NEXTならではのサービスです。

また、U-NEXTには初回31日間の無料トライアル期間があります。

無料期間中に解約すれば料金は発生しないので、試しに私もしてみましたが、本当に1円もかかりませんでした。

 

U-NEXTで見られる作品

国内ドラマは1065作品もあるので、すべてを紹介しきれないのが残念ですが、

おっさんずラブ(田中圭主演)
TWOWEEKS(三浦春馬主演)
監獄のお姫様(小泉今日子主演)
35歳の高校生(米倉涼子主演)
mother(松雪康子・芦田愛菜主演)
などなど話題になったドラマが見られます♪

鬼滅の刃動画全話無料視聴で全話一気に見れる方法を紹介

韓流・アジアドラマは、991作品もあります。

こちらも紹介しきれないのでおすすめを紹介します。

鬼滅の刃動画全話無料視聴で全話一気に見れる方法を紹介
  • 雲が書いた月明り
  • あなたが眠っている間に
  • 青い海の伝説

個人的には洋画もおすすめです。

洋画はなんと5338作品もあるんです!

鬼滅の刃動画全話無料視聴で全話一気に見れる方法を紹介

マトリックス(キアヌ・リーブス主演)
チャーリーとチョコレート工場(ジョニー・デップ主演)
タイタニック(レオナルド・ディカプリオ主演)
プラダを着た悪魔(アン・ハサウェイ主演)
がおすすめです?

>>U-NEXT無料お試しをする<<

秒速5センチメートルあらすじ

惹かれ合っていた男女の時間と距離による変化を「桜花抄」、「コスモナウト」、ならびに「秒速5センチメートル」という短編3話

桜花抄(おうかしょう)

東京の小学校に通う遠野貴樹と篠原明里は精神的に似通っており、クラスメイトたちのからかいを受けながらも一緒に時間を過ごすことが多かった。

だが、明里の父親の仕事の都合で小学校卒業と同時に明里は栃木へ転校し、それきり会うことがなくなってしまう。

その後、中学に入学して半年が経過した夏のある日、栃木にいる明里から手紙が届き、それをきっかけに2人は文通を重ねるようになる。

中学1年の終わりが近づいたころに、今度は貴樹が鹿児島へ転校することが決まる。

鹿児島と栃木は絶望的に遠く、もう明里に二度と会えなくなるかもしれないと思った貴樹は、栃木まで自ら明里に会いに行く決意をする。

しかし、約束をした3月4日、関東では大雪となり、貴樹の乗った列車は途中で何度も長時間停車する。

さらに、宇都宮線から両毛線への乗り換えの小山駅のホームで、明里に直接渡す予定だった手紙を風に飛ばされ紛失してしまう。

貴樹は遅れている列車をホームで待ち、停まった列車の中で運行再開を待つことしかできず、時間だけが流れていく。

深夜になり、約束の時間などとうに過ぎた頃にようやく貴樹は待ち合わせの岩舟駅に到着すると、人気のない待合室で明里は一人待っていた。

貴樹と明里は雪の降る中、桜の木の下で唇を重ね、近くの納屋の中で寄り添って夜を明かす。

翌朝、明里は駅で「貴樹くんはきっとこの先も大丈夫だと思う」と言って貴樹を見送る。

明里も手紙を用意していたが、貴樹には手渡さなかった。

貴樹は走り去る列車の中、彼女を守れるだけの力が欲しいと強く願いながら、いつまでも窓の外の景色を見続けていた。

 

コスモナウト

1999年、種子島の高校3年生・澄田花苗は、中学2年の春に東京から転校してきたクラスメイトの貴樹に恋をしていたが、その想いを伝えられずにいた。

しかも、卒業を間近に控えながら自身の進路も決められず、趣味のサーフィンでも波の上に立つことができないというスランプに陥っていた。

しかし、一つずつできることからやると決めてサーフィンに挑み、ついに波の上に立つことができた。

今を逃せば二度と気持ちを打ち明けられないと思った花苗は、秘めていた自身の想いを貴樹に告げようと決心する。

しかし、想いを告げようとした瞬間、貴樹から無言の圧力を感じた花苗は告白することができず、貴樹のやさしさを悲しく思いながら帰り道に泣き出してしまう。

そしてその時、2人の後ろで打ち上がったロケットを見た花苗は、貴樹が自分のことなど見ておらず、ずっと遠くにあるものを見つめているのをはっきりと悟るのだった。

結局その日の帰り道、花苗は何も言えずに告白を諦めてしまう。

そして彼女は貴樹への想いが一生報われなくても、それでもなお彼のことがどうしようもなく好きだという想いを胸に、泣きながら眠った。

 

秒速5センチメートル

東京で社会人となった貴樹は高みを目指し、ただひたすら仕事に追われる日々を過ごしていたが、それが何の衝動に駆られてなのかはわからなかった。

3年間付き合っていた水野理紗からは「1000回メールしても、心は1センチくらいしか近づけなかった」と言われ、自身の心が彼女に向いていないことを見透かされてしまう。

貴樹も自分自身の葛藤から、若き迷いへと落ちてゆき会社を辞める。貴樹の心はあの中学生の雪の夜以来ずっと、自身にとって唯一の女性を追い掛け続けていたのだった。

ある日、貴樹はふと桜を見に外に出かけ、小学生時代に毎日通っていた道を歩く。

踏切に差し掛かると前方から1人の女性が歩いてくるのが見え、踏切内ですれ違う瞬間、2人は何かを感じ取る。

踏切を渡り立ち止まり、貴樹と彼女がゆっくりと振り返った瞬間、小田急線の急行列車が2人の視界をふさいだ。

列車が通り過ぎると、そこに彼女の姿はなかった。

しかし、貴樹は何かを決心したように笑みを浮かべながら静かに歩きだした。

 

まとめ


『秒速5センチメートル』は、日本の新海誠による2007年のアニメーション映画。

配給はコミックス・ウェーブ。

『雲のむこう、約束の場所』に続く、新海誠の第3作目の劇場公開作品にあたる。

「桜の花びらが舞い落ちる速度」。

新海が監督・原作・脚本・絵コンテ、および演出までを手掛けた劇場作品で、惹かれ合っていた男女の時間と距離による変化を「桜花抄」、「コスモナウト」、ならびに「秒速5センチメートル」という短編3話の連作構成で描く。全63分

そこで、あらすじや見どころについても紹介します。

\公式サイトをチェック/

>>U-NEXT無料お試しをする<<