ランサムウェアとは?感染したら起こる被害と対策を徹底調査

ランサムウェアとは?感染したら起こる被害と対策を徹底調査
Pocket

こんにちは、たかたろうです。

漫画や映画の海賊版サイトを利用するとウイルス感染の危険性があるといいます。

なので海賊版サイトは利用してはいけない・・といいますが、そもそもウイルスとはどのような被害をもたらすのでしょうか?

また、ランサムウェアとは?。

これらはいったい何者でしょうか?

そこで、ランサムウェアとは?感染したら起こる被害と対策を徹底調査しました。

ネットを安心して安全に使うために、ぜひここで紹介する最低限に気を付けることを理解し、再確認してほしいです。

テレワークの浸透によって、サイバーセキュリティの重要性はますます高まっています。とくに注意すべきリスクとして警戒されているのが、「ランサムウェア」です。
いのしし太郎
いのしし太郎
ねじこ
ねじこ
そんなに怖いものが・・・
安心してテレワークできるように解説してください

 

ランサムウェアとは?

ランサムウェア(Ransomware)とは、「Ransom(身代金)」と「Software(ソフトウェア)」を組み合わせて作られた名称であり、コンピュータウィルスの一種です。

感染したPCから社内のネットワークに広がり、パソコンがロックされたり、パソコンの中に保存されているデータが暗号化されたりとすべてのデータを閲覧不可能にしてしまう強力なウイルスです。

つまりランサムウェアとは、パソコンが使用できなくなるウイルスです。

また、感染した端末の中のファイルが暗号化されるのみではなく、その端末と接続された別のストレージも暗号化される場合もあります。

そして、その制限を解除するための身代金を要求する画面を表示させるというウイルスです。

今までは、主にパソコンでの感染が主体でしたが、最近ではモバイルでの感染が増えてきているようです。

 

ランサムウェアの感染経路

 

ランサムウェアはメールやウェブサイトから感染します。

 

メールからの感染

メールの差出人が有名企業や有名なサイトの名前で、メールの件名に「請求書」「アカウントの凍結」「配送情報」など、内容を確認したくなる文言が記載されたメールが送られてきます。

そして、メールに添付されているファイルにウイルスが仕組まれている場合、添付されたファイルを開くことで、ウイルスがダウンロードされます。

または、本文に不正サイトのURLが記載されている場合は、記載されたURLから不正サイトにアクセスすることによって、ウイルスに感染します。

 

ウェブサイトからの感染

ウェブサイトが原因の場合は、改ざんされたサイトや、様々なサイトに表示された不正広告、アクセスしたサイトからダウンロードしたファイルから感染してしまうパターンがあります。

 

偽サイトからウイルス感染

有名企業のサイトであっても、悪意ある人物によって改ざんされたサイトであればアクセスすると、ウイルスに感染することがあります。

また、有名企業のサイトに似せた、偽サイトにアクセスすることによりウイルス感染します。

 

不正広告からウイルス感染

広告をクリックしなくても、不正広告が表示されただけで感染する場合があります。

様々なサイトに細工されていない広告と見分けがつかない状態で表示されるため、判別は困難です。

 

ダウンロードしたファイルからウイルス感染

ダウンロードしたファイルにウイルスに感染するよう細工がされているため、ファイルを開いた時点でウイルス感染します。

 

ランサムウェアに感染したら起こる被害

ランサムウェアとは?感染したら起こる被害と対策を徹底調査

① 感染したパソコンがロックされてしまい、操作不能になる

② パソコン内に保存されていたデータがすべて暗号化され、利用できなくなってしまう

③ 元に戻すためには金銭が必要として、パソコンと、パソコンに保存されていたデータを人質にし「指定する“身代金(ランサム)”を期限までに支払わないと、データを完全に破壊して修復不能にする」と脅迫される

このように、パソコンを扱えない状態にされ、最終的に金銭を要求されてしまいます。

※要求通りに支払ったとしても、必ず元に戻るわけではありませんので、支払わないようにしましょう。

それどころか、「このユーザーは金銭を払う」と認識されてしまい、さらに金銭を要求されたり、他の悪意ある人物の攻撃対象になってしまったりと、被害が拡大する可能性もあります。

 

ランサムウェア感染防止対策対策

ランサムウェアの厄介な点は、一度感染してしまうとデータの完全な救出・復旧が困難です。

「身代金さえ払えばデータを返してくれる」という保証はありません。

実際、現在では「身代金を支払ったが、データはすでに破壊されており復旧できなかった」というケースがほとんどだとすら言われています。

しかも、攻撃者が要求する身代金は年々高額化に拍車がかかっているのが現状です。

そこでランサムウェアに感染しないためには

 

ウイルス対策ソフトのインストール

ウイルス対策ソフトを導入し、定義ファイルを更新して最新の状態に保つことで、ウイルス感染のリスクを低減することができます。

ウイルスはランサムウェアだけではありません。

その他のウイルスに感染しないためにも、必ずインストールしましょう。

 

OS及びソフトを最新の状態にする

OS及びインストールされているソフトウェアを更新し、常に最新の状態を保ちましょう。犯罪者はソフトウェア等のぜい弱性を悪用する傾向があります。

 

メール等に注意する

気になる件名であっても、身に覚えのないメールは開かないようにしましょう。

また、添付されているファイルも開かないようにしましょう。

 

怪しいダウンロードデータは開かない

普段利用しないサイトからダウンロードしたデータは、安易に開かないようにしましょう。

また、有名企業のサイトや、普段利用しているサイトからダウンロードしたデータを開く場合であっても、セキュリティソフトを利用したウイルスチェックをオススメします。

特に添付ファイルの拡張子(.jsや.exe等)には注意しましょう。

 

定期的なバックアップ

ランサムウェアに感染してしまった時のために、定期的にバックアップを作成しましょう。

バックアップについては、複数作成することをお勧めします。

外付けのドライブに保存する、クラウド上に保存するなど複数のバックアップを作成した上、外付けのドライブについては、必要なとき以外は取り外しておく、クラウドについてはファイルを同期しないようにしておきましょう。

 

セキュリティ意識を高める

個人ユーザーについては、最新のセキュリティ情報をこまめにチェックする、また法人については、社員に対してセキュリティに関する教養等を充実させ、セキュリティ意識を高めるとともに、共有ファイルについては、適切なアクセス権限を設定しましょう。

 

まとめ

漫画や映画の海賊版サイトを利用するとウイルス感染の危険性があるといいます。

なので海賊版サイトは利用してはいけない・・といいますが、そもそもウイルスとはどのような被害をもたらすのでしょうか?

また、ランサムウェアとは?。

これらはいったい何者でしょうか?

そこで、ランサムウェアとは?感染したら起こる被害と対策を徹底調査しました。

ネットを安心して安全に使うために、ぜひここで紹介する最低限に気を付けることを理解し、再確認してほしいです。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました^^