テレワークのデメリットとは?セキュリティ対策の方法!

テレワークのデメリットとは?セキュリティ対策の方法
Pocket

こんにちは、

新型コロナウイルスの影響で多くの会社がテレワークを取り入れているようです。

テレワークは出社することなく仕事ができ、満員電車に乗ることもありません。

時間や場所にとらわれず効率的な仕事ができます。

働く人にとって有益であると思われる一方、テレワークには多くのデメリットがあります。

情報が外部に漏れてしまう可能性や、上司の目が無いためサボってしまうなどということも考えられます。

また、役職なら部下の管理が難しくなったり、コミュニケーション力の低下にもつながります。

そこで、テレワークで一番気になるであろうセキュリティを中心に解説していきます。

働き方改革の一環としてテレワークを導入する企業が増加しています。2020年4月には感染症の拡大で緊急事態宣言が出され、時間や場所にとらわれず生産性の高い働き方を実現できるテレワークは一気に注目を集めています。
いのしし太郎
いのしし太郎
ねじこ
ねじこ
でも、テレワークってデメリットがあるんですよね??

そもそもテレワークってどういうもののこと?

インターネットを安心して安全に使うために、ぜひここで紹介する最低限に気を付けることを理解し、再確認してほしいです。

 

テレワークとは?

テレワークとは、一般社団法人日本テレワーク協会によると、テレワークとは以下のように定義されています。

テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

テレワークは働く場所によって、

  1. 自宅利用型テレワーク(在宅勤務)、
  2. モバイルワーク、
  3. 施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)

の3つ分けられます。

(引用元:一般社団法人日本テレワーク協会)

テレワークは、ワーク・ライフ・バランスを実現する方法というだけでなく、地域活性化の推進や環境負荷軽減の観点からも注目を集めています。

ただし、導入から定着までかなりの時間を要することや現場の意識改革を行う必要があることなどから、効果を発揮するまで時間がかかると言われています。

 

テレワークのデメリットとは?

テレワークを導入することによるセキュリティについて詳しく見ていきます。

 

情報が外部に漏れてしまう

テレワーク最大のデメリットの一つは、情報漏洩のリスクの増大です。

テレワークの場合は、自分のパソコンやタブレットを使って仕事をしたいと考えがちですが、私物を業務に用いるのはセキュリティリスクが伴います。

会社から貸与された機器の場合は、セキュリティ対策がとられていますが、個人の場合は十分なセキュリティ対策に対応していないことも考えられ、最悪の場合セキュリティ事故を引き起こしてしまう危険性があります。

また、自宅やコワーキングスペースだけでなく、カフェや図書館などのパブリックスペースで業務を行うこともあるでしょう。

そんな時、公共の場所でWi-Fiに接続する場合は、悪意のある偽のWi-Fiスポットに接続してしまう危険性があったり、物理的なのぞき見による情報漏えいにも気を付けなければなりません。

 

テレワークのセキュリティ対策の方法

安全にテレワークを行うためにはどのような対策をとれば良いでしょうか?

 

データの取り扱いについて

業務上のデータを共有するために、USBメモリやクラウドサービスが使われることがあります。

USBメモリに関しては、職場の使用ルールに従い、セキュリティ機能付きのものを利用しましょう。

また、盗難・紛失などに十分注意することが重要です。

クラウドサービスの場合は、職場に許可を得たクラウドサービスを使うようにしましょう。

公共の場所では、作業中にのぞき見される危険性が伴います。

プライバシーフィルターを採用することとあわせて、安全な場所での作業を心掛けましょう。

 

末端機器について

職場で私物末端を使用する許可が出た場合は、セキュリティソフトやアプリを導入して安全性を高めましょう。

OSやソフトのアップデートも小まめに行い、脆弱性を最小限に抑えるようにします。

また、機器自体の盗難や紛失がないように気を付け、データ暗号化など、万一の時のために備えておく必要もあります。

 

ネットワークについて

外部から社内システムにアクセスする場合は、職場が指定するアクセス方法で行いましょう。

公共のWi-Fiを利用する場合は、通信内容を保護するために、必ずVPNを使用するようにしましょう。

自宅から接続する場合は、必要なセキュリティ対策がとられた家庭内ネットワークを使用し、ルーターや繋がっている各機器のIDとパスワードも、初期設定から変更すると安全です。

また、ファームウェアの更新プログラムが提供された場合は、すぐに適用することでセキュリティがアップします。

 

テレワークのさぼり対策

テレワークを今すぐ無料で監視しませんか?

最近流行りのテレワーク・リモートワークを導入している企業や個人を対象に所属する従業員を「カメラ録画」+「画面録画」で監視して情報漏洩・サボり対策

更に、「ビデオ電話+文字チャット+画面共有(履歴保存可)」が可能な高機能なチャットルームもいつでも生成可能なため従業員同士のコミュニケーションも活性化

オフィスにいるのと同じ緊張感とスムーズなコミュニケーションで業務効率アップを

・簡単無料登録で多くの機能がタダで利用可能
・他社では有料が多い「カメラ録画」+「画面録画」のデータもクラウドへ無料で自動保存
・ブラウザ(ChromeまたはFirefox)のみで他のソフトのインストールは一切必要なし
・AIの顔認識機能により従業員がカメラの前に存在した時間を把握可能
・「ビデオ電話+文字チャット+画面共有(履歴保存可)」で従業員同士のコミュニケーションが活性化

\テレワーク・リモートワークで従業員の「サボり」「やる気・緊張感低下」対策に/

まとめ

新型コロナウイルスの影響で多くの会社がテレワークを取り入れているようです。

テレワークは出社することなく仕事ができ、満員電車に乗ることもありません。

時間や場所にとらわれず効率的な仕事ができます。

働く人にとって有益であると思われる一方、テレワークには多くのデメリットがあります。

情報が外部に漏れてしまう可能性や、上司の目が無いためサボってしまうなどということも考えられます。

また、役職なら部下の管理が難しくなったり、コミュニケーション力の低下にもつながります。

そこで、テレワークで一番気になるであろうセキュリティを中心に解説しましたがいかがでしたか?

ネットを安心して安全に使うために、ぜひここで紹介する最低限に気を付けることを理解し、再確認してほしいです。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました^^