wordpressセキュリティ対策プラグインおススメ5選|all in one wp security & firewall 設定

wordpressセキュリティ対策プラグインおススメ5選
Pocket

こんにちは、今回の記事はwordpressセキュリティ対策プラグインおススメ5選です。

世界中で使われているCMSであるWordpress、

誰でも使いやすく、たくさんのサイトにて採用されているWordpressですが、便利な反面、常に危険にさらされています。

WordPressを安心して運用するためにWordPressのセキュリティ対策プラグインをご紹介します。

それでは最後までお読みください。

 

wordpressにセキュリティ対策は必要?

wordpressは世界中で使われているCMSです。

CMSとは

C:Contents(コンテンツ)
M:Management(マネジメント)
S:System(システム)

の略で、「Webサイトのコンテンツを構成するテキストや画像、デザイン・レイアウト情報(テンプレート)などを一元的に保存・管理するシステム」です。

 

wordpressにセキュリティ対策が必要な理由

wordpressはオープンソースなので、ソースコードが公開されています。

オープンソースは無料で利用でき、カスタマイズも簡単にできます。

そのため、脆弱性も見つかりやすくなり、不正ログインされやすくなるのです。

サイバー攻撃では、アプリケーションやソフトの脆弱性が狙われます。

すると、アカウントの乗っ取りやデータの改ざん漏洩など不正アクセスによるものなどの被害が起こります。

wordpressの構造は攻撃対象になりやすく、多くの利用者に影響が出てしまいます。

そこで、wordpressに強力なセキュリティ対策をする必要があるのです。

 

wordpressセキュリティ対策プラグインおススメ5選

wordpressセキュリティ対策プラグインおススメを5つ紹介します。

 

SiteGuard WP Plugin

wordpressセキュリティ対策プラグインおススメ5選

SiteGuard WP PluginはWordPressのセキュリティプラグインであり、複数の機能を備えています。

  • ログインURLの変更
  • 管理画面へのアクセス制限
  • CAPTCHAの導入
  • ログインロック
  • pingback機能の無効化
  • フェールワンス
  • エラーメッセージの変更

 

外部からのアクセスに関するセキュリティ対策がほぼすべて組み込まれていることから、SiteGuard WP Pluginを導入するだけでも高いセキュリティ性を確保できます。

 

SiteGuard WP Pluginの設定方法

プラグインを追加したら「SiteGuard」メニューをクリックしてダッシュボードを表示させます。

すると設定状況が表示され、どのような対策をしているかが一目でわかるようになっています。

チェックマークが緑になっている項目を使う設定にしておけば十分です。

wordpressセキュリティ対策プラグインおススメ5選

画像認証を使えるようにすると、ログイン画面が下のようになります。

wordpressセキュリティ対策プラグインおススメ5選

 

All In One WP Security & Firewall

wordpressセキュリティ対策プラグインおススメ5選

All In One WP Security & Firewallはセキュリティ関連の機能とともにファイアーウォールを導入できるプラグインです。

  • WordPressのバージョン情報を非表示
  • データベースの接頭辞の変更
  • ログイン試行回数の制限
  • ファイルへのアクセスや編集を禁止
  • ファイアーウォールの導入
  • ログインURLの変更
  • コメントスパム対策
  • 右クリックやテキスト選択及びコピーの禁止

All In One WP Security & Firewallプラグインは管理画面のURLを変更したり、ブログ記事のコメントに簡単な計算をさせるフォームを追加して、スパムメールを防止したりするプラグインです。

 

All In One WP Security & Firewall設定方法

プラグインを追加したら管理画面左側メニューから「WP Secutiry」をクリックします。

wordpressセキュリティ対策プラグインおススメ5選

「User Login」をクリックします。

wordpressセキュリティ対策プラグインおススメ5選

上2つのチェックボックスにチェックを入れて画面下にある「Save Settings」ボタンをクリックします。

User Loginではパスワードを数回間違ったときに一定時間ログインページにアクセスできなくなるようにする、という設定です。

 

チェックボックスの数字は上から順に「ログイン試行回数」「ログインできる時間(分)」「ロックがかかる制限時間(分)」です。

 

次に「Brute Force」です。

これは海外からWordPressの管理画面URLにアクセスするのを遮断する設定です。

多くのWordPressへのサイバー攻撃は海外からのアクセスのため、この設定をしておきましょう。

wordpressセキュリティ対策プラグインおススメ5選

設定方法は、WP Securityメニューから「Brute Force」クリックしたら、「Enable Rename Login Page Feature:」にチェックを入れ、「Enable Rename Login Page Feature:」の入力欄に任意の文字列を半角英数字で入力し「Save Settings」ボタンをクリックします。

 

iThemes Security

wordpressセキュリティ対策プラグインおススメ5選

iThemes Securityは非常に細かい部分までセキュリティ設定が可能な総合的セキュリティプラグインです。

  • ロックアウト(ログイン試行回数制限)
  • コンテンツディレクトリの変更
  • ネットワーク/ブルートフォース保護
  • wp-config.phpと.htaccessの編集
  • ブラックリストによる制限
  • セキュリティ通知やメールによる送信
  • 不審なIPアドレスの自動アクセス制限
  • データベースの接頭辞の変更
  • データベースのバックアップ
  • ファイル変更の検出
  • 強力なパスワードの生成
  • httpアクセスをhttpsへリダイレクト
  • ファイルの書き込み制限

WordPressに関するセキュリティ系の設定を細かく設定できることから、WordPress初心者から上級者まで利用をおすすめしたいプラグインです。

特にアクセス回りの調整がしやすくなっていること、自動でブラックリスト入りやアクセス制限が可能になっているため、サイバー攻撃を事前に防ぎやすいのが特徴です。

 

BulletProof Security

wordpressセキュリティ対策プラグインおススメ5選

BulletProof Securityはマルウェアスキャナーやファイアーウォールも導入可能な総合的セキュリティプラグインです。

  • マルウェアスキャナーによる検知
  • ファイアーウォールの導入
  • ログインセキュリティと監視
  • データベースのバックアップ
  • セキュリティやエラーなどのログ
  • メンテナンスモードの導入

ログインセキュリティの向上に加えて監視も可能となることから、不正ログインの強化も期待できます。

データベースのバックアップや各種エラーログの取得、メンテナンスモードも備えていることから、自社によるWordPress運営時に細かなセキュリティ対策を行いたい場合に向いています。

 

Wordfence Security

wordpressセキュリティ対策プラグインおススメ5選

Wordfence SecurityはWordPressの総合的なセキュリティ強化が可能なプラグインです。

  • ログイン試行回数の制限
  • ファイアーウォールの導入
  • 不正URLやバックドア、SEOスパムなど脆弱性診断
  • セキュリティ警告や通知の導入
  • サイバー攻撃によるアクセスの監視や制限
  • CAPTCHAの導入
  • 二要素認証の導入

Wordfence Securityはセキュリティ対策の設定をして終わりではなく、実際にWordPressがどのような状況にあるのかリアルタイムに監視や管理を行えるのも特徴です。

未知のサイバー攻撃を感知したり、対策を練ったりする必要がある場合におすすめのプラグインです。

 

wordpressセキュリティ対策プラグインまとめ

今回の記事はwordpressセキュリティ対策プラグインおススメ5選です。

世界中で使われているCMSであるWordpress、

誰でも使いやすく、たくさんのサイトにて採用されているWordpressですが、便利な反面、常に危険にさらされています。

WordPressを安心して運用するためにWordPressのセキュリティ対策プラグインを5つ紹介しました。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました^^

(Visited 2 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA