wordpressにセキュリティ設定は必要?対策事例2021

wordpressにセキュリティ設定は必要?対策事例2021
Pocket

wordpressはブログやサイト作成に世界中で使われています。

利用者が多く誰でも使いやすいのが特徴です。

便利な反面、常に危険にさらされています。

しかし、wordpressにセキュリティ対策は必要なのかと思っている方も多いと思います。

使用する際にセキュリティ設定を強化することが大切です。

今回の記事ではwordpressにセキュリティ対策の重要性について解説していきます。

また、対策事例についてもまとめました。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

 

WordPressがセキュリティに弱いの?
ねじこ
ねじこ
いのしし太郎
いのしし太郎
それは、

多くのユーザーが利用しているメジャーなCMSのため。
使いやすいCMSなので初心者のユーザーが多いため。
無償で使えるオープンソースなのでセキュリティホールが発見されやすいため。

なのです。

wordpressにセキュリティ対策は必要?

wordpressは世界中で使われているCMSです。

そのCMSとは?
ねじこ
ねじこ
いのしし太郎
いのしし太郎
C:Contents(コンテンツ)
M:Management(マネジメント)
S:System(システム)

の略です。

「Webサイトのコンテンツを構成するテキストや画像、デザイン・レイアウト情報(テンプレート)などを一元的に保存・管理するシステム」です。

いのしし太郎
いのしし太郎

 

wordpressにセキュリティ対策が必要な理由

wordpressはオープンソースなので、ソースコードが公開されています。

オープンソースは無料で利用でき、カスタマイズも簡単にできます。

そのため、脆弱性も見つかりやすくなり、不正ログインされやすくなるのです。

サイバー攻撃では、アプリケーションやソフトの脆弱性が狙われます。

すると、アカウントの乗っ取りやデータの改ざん漏洩など不正アクセスによるものなどの被害が起こります。

wordpressの構造は攻撃対象になりやすく、多くの利用者に影響が出てしまいます。

そこで、wordpressに強力なセキュリティ対策をする必要があるのです。

 

wordpressにセキュリティチェック方法

攻撃にあう前にWordPressサイトのセキュリティについてチェックしましょう。

ご自身のサイトのセキュリティレベルなのか知ることのできるおススメのツールを紹介します。

 

WPScans.com

WPScans.com

WPScans.comでは独自のアルゴリズムで脆弱性の有無をチェックしてくれるウェブサイトです。

調べたいURLを入力して「START SCAN NOW」をクリックするだけです。

「Your WordPress website is safe !」と表示されたら問題ありません。

詳細なレポートは有償になります。

ただし、簡易的な診断なら無料です。

 

WPdoctor

WPdoctor

WPScan.comと異なり、無料でもかなり詳しく、かつ日本語で診断してくれます。

調べたいURLを入力して「サイトを検査」をクリックすると診断を実施してくれます。

 

wordpressにセキュリティ対策事例

wordpressにセキュリティ対策には、

  • バックアップを定期的の行う
  • アップデートを定期的に行う
  • 不要なプラグインは削除
  • テーマに注意する

 

バックアップを定期的に行う

サイバー攻撃によってwordpress内の情報が消えたり改ざんされる可能性があります。

しかし、バックアップしていれば安心です。

もし、バックアップを行っていない時は、最初から作り直さないといけませんね。

すると、大きな損失や手間がかかります。

バックアップの方法は、「プラグインを利用したバックアップ」「サーバー内でのバックアップ」があり、2つを併用するのが効果的です。

レンタルサーバーの場合、自動のバックアップ機能が付いているものもあります。

 

アップデートを定期的に行う

wordpressは定期的に最新バージョンにアップデートを行いましょう。

もし、古いバージョンを使っていると、脆弱性が見つかりやすかったり、脆弱性を放置し続けてしまうことになります。

脆弱性を狙われた場合、古いバージョンを利用している人がサイバー攻撃に狙われます。

旧エディタUIに慣れてしまった人は、変更されたエディタUIを使いたくないという理由でアップデートしない人もいます。

しかし、それはサイバー攻撃に遭いやすくなるため、注意が必要です。

 

不要なプラグインは削除

wordpressはプラグインを追加して自分の好きなような使用にできます。

プラグインは自由に追加できるので、多くのプラグインを入れている人もいますよね。

しかし、プラグインの数が増えれば増えるほど、セキュリティレベルは下がってしまいます。

不要なプラグインは削除しましょう。

また、利用者が少ないプラグインも不安です。

なので、多くの人が使っているプラグインがおすすめです。

 

テーマ選びに注意する

wordpressではテーマを自由に選べます。

wordpressのテーマは、デザインだけでなく機能もカスタマイズできます。

ただし、テーマによってはサイバー攻撃の対象になりやすいのもあるので注意が必要です

自分のページに問題がなくても、第三者が攻撃された時に同じテーマであることから、巻き込まれる可能性が考えられます。

公式テーマか人気が高いテーマを選ぶといいでしょう。

また、テーマのカスタマイズや変更は自由にできますが、頻繁に変更しすぎると、不具合が発生しやすくなります。

不具合が起きるとセキュリティ面が弱くなりサイバー攻撃に狙われやすくなります。

テーマの編集をしすぎるのは危険です。

 

wordpressにセキュリティ設定まとめ

wordpressは脆弱性を見つけて攻撃すると多くの人に影響を与えるため、サイバー攻撃の対象になる場合があります。

そこでセキュリティ対策を強化することは必要です。

まずは、効果的なプラグインを入れておき、定期的なバージョンアップやデータのバックアップが必要です。

また、アカウント管理やテーマ選択を意識することでも、サイバー攻撃を避けられます。

今回の記事ではwordpressにセキュリティ対策の重要性について解説しました。

また、対策事例についてもまとめました。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました

(Visited 3 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA