iPhoneがウイルスに感染する可能性はある?確認方法と対策

iPhoneはウイルス感染するのかしないのか?確認方法と対策
Pocket

こんにちは、たかたろうです。

今回の記事は、iPhoneはウイルス感染するのかしないのか?確認方法と対処法についてです。

iPhoneはウイルスに感染しないと言われていますが、本当なのでしょうか?

ショップの方にもiPhoneにはウイルスはありませんと言われました。

iPhoneにはウイルス感染しないなら対策もしなくても平気ですよね。

・・って、ちょっと待ってください。

実際にiPhoneがウイルスに感染してしまい個人情報を抜き取られたり、iPhoneが正常に動作しなくなるなどの被害に遭われている人はたくさんいます。

そのため、iPhoneを使用していてもウイルス対策はきちんと行い、普段からウイルスに感染していないか確認する必要があるのです。

そこで今回は、iPhoneのウイルス感染について調査してみたいと思います。

また、ウイルス感染の確認方法と対処法についても解説していきます。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

ねじこ
ねじこ
私もiPhoneはウイルスに感染しないと聞いたのですが・・本当?

やはり、iPhoneもウイルスに感染するのでは??

iPhoneがウイルス感染しにないのではなく、感染しにくいのです。
いのしし太郎
いのしし太郎

 

iPhoneはウイルスに感染する?

iPhoneがウイルス感染しないというのにも理由があるはずです。

その理由について探っていきましょう。

 

iPhoneがウイルスに感染しにくい

iPhoneはAndroidを比べると、ウイルスに感染しにくいです。

その理由は、

  • Google Playと比べてApp Storeはアプリの審査が厳しい
  • ウイルスを無効化にする機能がある

これらの理由により、iPhone向けのウイルス対策アプリは、Androidと比べて数が少ないのです。

そのため、iPhoneユーザーの方でセキュリティ対策をしているという方はあまり多くないのですね。

 

iPhoneもウイルスに感染する!

iPhoneはウイルスに感染しにくいのですが、絶対にウイルスに感染しない!というわけではありません。

実際、過去にウイルスやマルウェアに感染している不正なアプリが、Apple Storeの厳しい審査をクリアして公開されてしまったことがあります。

また、不審なサイトを閲覧したり、メールに添付されたファイルを開いてウイルスに感染してしまったりと、iPhoneだからといってウイルスの侵入を完璧に防げるわけではありません。

つまり、iPhoneにもウイルスの対策は必要ということです。

 

iPhoneのウイルス感染の確認方法は?

iPhoneがウイルスに感染しているかどうかを確認する方法について解説します。

 

iPhoneが勝手に動く

iPhoneがウイルスに感染すると、勝手にアプリやカメラが起動したり、勝手に電源が切れたりと、誤動作することがあります。

操作していないのに勝手にiPhoneが動くなら、ウイルスに感染している可能性があります。

 

iPhoneが重くなる

iPhoneがウイルス感染すると動きが重くなります。

ウイルスがバックグラウンドで動作しているのでiPhoneの動きも遅くなるのです。

しかし、iPhoneが重くなるのは複数のアプリが同時に起動していたり、多数のアプリをインストールしていて空き容量が少ないことで動作が重くなっている可能性もあります。

使っていないアプリを消したり、作業領域を増やしても、iPhoneの動作が重く感じたら、ウイルスに感染しているかもしれません。

 

ポップアップ画面が頻繁に表示される

iPhoneがウイルスに感染すると、ポップアップ画面が頻繁に表示される場合もあります。

「ウイルスに感染している」と警告して、不正なアプリのインストールを促す画面が表示されたり、単なる広告が表示されたりすることがあります。

ウイルス感染していると見せかける場合が多いので、ポップアップが出たらホームボタンを2連打してSafariの画面を上にスワイプし、強制終了しましょう。

 

これで再起動してもまだ表示されるようなら、ウイルス感染の可能性があります。

 

過剰な通信量の発生

大容量のファイルをダウンロードしたり、動画サイトやアプリをほとんど利用していないのに、過剰な通信量が発生していた場合、ウイルスに感染している可能性が高いです。

 

見覚えのないアプリがある

アプリの中で、身に覚えのないアプリがある場合、それはウイルスによって勝手にインストールされたアプリである可能性があります。

そのままアプリを放置しておくと、端末内の重要なデータが破壊されたり、個人情報が第三者に盗まれ、悪用されてしまうかもしれません。

 

登録データの書き換え

連絡先など登録しているデータが勝手に書き換えられていたり、消去されている場合も、ウイルスに感染しているのが原因かもしれません。

 

iPhoneのウイルス感染経路は?

どのような経路でウイルスが感染するのでしょうか?

iPhoneがウイルスに感染する経路について解説していきます。

 

悪質なアプリをインストールした

通常、iPhoneはAppStoreを経由しないアプリのインストールができません。

しかし、特別な方法を用いることによってその制限を回避し、アプリをインストールすることができてしまいます。

この方法でインストールできるアプリは、当然Appleの審査を受けていないため安全とはいえません。

なかには悪意のあるものもあるので、インストールしたアプリからウイルスに感染してしまう危険性があります。

アプリは正規なアプリだけにましょう。

しかし、過去に正規アプリにウイルスが見つかったことがありました。

2015年9月、中国の公式App StoreにXcodeGhost(OSX.Codgost)というウイルスが混入した「正規アプリ」が見つかりました。

Appleの審査をかいくぐってしまったようです。

この原因は、非正規の開発環境を使用したことだったようです。

正規のアプリも安心できないということです。

 

安全性の低いサイトの閲覧した

SafariでWebサイトを閲覧している時、安全性の低い怪しいサイトを閲覧してしまうと、それだけでウイルスに感染してしまう恐れがあります。

 

送られたメール内のURLにアクセスした

iPhoneにウイルスを感染させるためのURLをメールなどで送信して、ウイルスに感染したアプリのインストールやサイトへのアクセスをうながし、iPhoneにウイルスを送り込む手口です。身に覚えのないメールアドレスには十分注意しましょう。

 

ウイルスに感染したパソコンにiPhoneを繋いだ

パソコンがすでにウイルスに感染してしまっていると、iPhoneをそのパソコンにつないだときに感染してしまうケースもあります。

パソコンにiPhoneを接続する際は、ウイルス対策ができているかどうか確認しましょう。

これらの経路からiPhoneがウイルスに感染してしまう危険性もあります。

また、USBメモリなどの記憶媒体に保存しているファイルがウイルスに感染していると、それによりiPhoneがウイルスに感染します。

 

iPhoneのウイルス感染の対策

iPhoneのウイルス感染の対策について見ていきましょう。

 

正規以外のアプリをインストールしない

AppStoreを経由しないアプリは、Appleの審査がおこなわれておらず、危険です。

非公式のアプリをインストールしてしまうとiPhoneがウイルスに感染してしまう可能性があります。

そこで、アプリをインストールするときはAppStore正規以外のアプリをダウンロードしないようにしてください。

 

「ウイルスが検出されました」は無視する

SafariでWebサイトを閲覧している時、「ウイルスが検出されました!」というポップアップ画面が表示され、アプリのインストールを促してくることがあります。

しかし、そのアプリにはウイルスが仕込まれていて、それをインストールしてしまうと逆にiPhoneがウイルスに感染してしまうかもしれません。
「ウイルスが検出されました」というのは嘘で、不正なアプリをインストールさせるための脅し文句に過ぎません。

なので、「ウイルスが検出されました!」というポップアップ画面が表示されても無視をして、一度Safariを強制的に終了させます。

 

セキュリティ対策のできていない機器にiPhoneを接続しない

iPhoneがウイルス感染してしまわないためにも、セキュリティが怪しい機器にはiPhoneを接続しないようにしましょう。

また、iPhoneを接続する予定のあるパソコンなどには、最新のセキュリティ対策ソフトをインストールしておくことをおすすめします。

 

iOSは常に最新のバージョンにする

AppleはiOSを常に更新して、脆弱性の修正やウイルスに対する対抗力を高めています。

しかし、iOSの更新を放置していると、脆弱性や問題点まで放置されてしまいウイルスに感染する危険性が高まってしまいます。

普段からiOSは、こまめにアップデートをするように心がけましょう。

 

iPhoneの脱獄(ジェイルブレイク)はしない

脱獄とは、iPhoneのシステムを不正に改造し、自由度をあげたりするなどの機能を拡張することができる行為です。

しかしその反面、iPhoneのセキュリティの壁が薄くなり、ウイルスの感染を引き起こしやすくなるため非常に危険な状態になってしまいます。

さらに、脱獄をおこなってしまうとiPhoneが故障してしまったり、正規の修理サービスを受けられなくなってしまうなど、デメリットが多いです。

さらに、操作が違法だと認められれば犯罪になってしまうおそれもあります。

 

まとめ

今回の記事は、iPhoneはウイルス感染するのかしないのか?確認方法と対処法についてです。

iPhoneはウイルスに感染しないと言われていますが、本当は感染する可能性があるのですね。

実際にiPhoneがウイルスに感染してしまい個人情報を抜き取られたり、iPhoneが正常に動作しなくなるなどの被害に遭われている人はたくさんいます。

そのため、iPhoneを使用していてもウイルス対策はきちんと行い、普段からウイルスに感染していないか確認する必要があります。

そこで、iPhoneがウイルス感染の確認方法と対策についてまとめました。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました^^

(Visited 24 times, 1 visits today)