中国版TikTok抖音(douyin)に危険性はある?リスクと対処法を紹介

抖音(douyin)は中国版TikTokで危険性はある?リスクと対処法を紹介
Pocket

日本で大人気で利用者も多いTikTok。

個人やグループで歌ったり踊ったりしたショートムービーを楽しめるアプリです。

中国で誕生したアプリ「抖音(douyin)」の海外版アプリがTikTokなのです。

実はTikTokは日本版抖音(douyin)なのです。

ただし、いろいろと規制の多い中国なので、「抖音(douyin)」と「TikTok」は別物として認識されています。

やはり動画を投稿するアプリには危険がつきものです。

「抖音(douyin)」も「TikTok」も危険性はあります。

その理由、危険性の指摘、リスク対処法を解説していきます。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

 

「抖音(douyin)」「TikTok」の危険性

2017年夏に中国のByteDanceという企業が開発したSNSアプリであり(中国ではDouyin)、15秒の短い動画を自由に投稿することができます。

2021年現在中国と世界にユーザー数は約13億人と言われています。

音楽に合わせて歌ったり口パクをしたり、または踊ったりするなど、15~60秒の動画コンテンツがメインで、YouTubeとは異なる楽しみがあるサービスです。

他のSNSと比べると、Twitterはテキストがメインであり、Instagramは写真がメインで、ティックトックは動画がメインと言われています。

TwitterやInstagramでも動画を投稿することはできますが、これらのSNSとティックトックが大きく違うのは、動画用のテンプレートがすでに用意されていることです。

このテンプレートのおかげでユーザーは音楽やネタを用意するなどの労力をかける必要がなく、誰でも気軽に動画を投稿することができるのです。

 

「抖音(douyin)」「TikTok」が危険

2020年の終わりから、TikTokの利用が禁止される?と社会問題になりました。

アメリカではTikTokがユーザーの端末情報や位置情報などのデータを収集しているという噂が広まりました。

iPhoneのOSが「iOS14」へアップデートされた頃に、発覚しました

もともとAppleはセキュリティ面で非常に高い信頼を得ている企業ですが、iOS14では更にプライバシー保護の強化を行っていました。

その際に開発者向けツールでTikTokを起動させて文字を入力したところ、「TikTokが無断でクリップボードの内容を読み取っている」という警告文が表示されたのです。

そこでアメリカはTikTokは安全保障上の脅威と判断し、当時のアメリカ大統領のドナルド・トランプ氏がTikTok禁止令を出しました。

2021年5月にTikTok禁止令が可決され、連邦職員が政府の端末にTikTokをダウンロードすることが禁止されることになったのです。

そのことが原因で「抖音(douyin)」「TikTok」が危険と言われることになったようです。

そこで「抖音(douyin)」「TikTok」の危険性の具体的な例を紹介します。

 

個人情報の流出

投稿した動画の背景に映っている景色から、投稿者の家や撮影場所を特定され、個人情報が流出する恐れがあります。

最近は画像解析などの技術が進んでいるため、写真のほんの少しの映り込みや何枚かの写真を照合することで、撮影場所や投稿者本人が割り出されてしまいます。

 

出会い系として使われる

音楽に合わせて歌って踊るなどといった楽しさを共有することがアプリ本来の目的です。

しかし、動画の投稿者に対しコメント欄から出会いを持ち掛けるなどといったマナー違反を犯す人もいます。

 

誹謗中傷

誹謗中傷というワードは、テレビやネットでよく耳にすることが増えた社会問題の1つです。

動画を投稿して褒めてもらえたり応援してもらえると非常に嬉しいものですが、中には悪口ばかり書き込むような人もいます。

ネガティブな言葉で、簡単に人を傷つけることができてしまいます。

 

迷惑行為

再生回数欲しさに過激な内容の動画を撮るYouTuberが取り上げられていました。

そして、それがTikTokでも再生回数欲しさに過激な内容の動画を撮るようなことが起こりました。

 

「抖音(douyin)」「TikTok」の危険性について

 

「抖音(douyin)」「TikTok」の危険性の対処法

すぐにできる対処法について紹介します。

 

アカウントを非公開設定にする

安全性を高めるにはアカウントを非公開設定にして、自分の友達の間だけで楽しむようにするのが有効です。

アカウントの非公開は、次の手順で設定します。

  1. TikTokのアプリを開き、右下の人間型アイコンをタップします。
  2. 右上の三点アイコンをタップし、設定画面を開きます。
  3. 設定画面のプライバシー設定を選択し、非公開アカウントをオンにします。
  4. 完了

 

顔出し動画には慎重に

顔出し動画について、YouTubeでは比較的警戒している人が多いのに対して、誰でも気軽に動画をアップできることでTikTokでは無警戒なようです。

顔出し動画の危険性はYouTube以上かもしれないことを考慮して、慎重したほうがいいですね。

 

個人情報の流出につながる行為をしない

自宅内や自宅の近所など、個人情報の流出につながる場所で撮影してしまうケースが多く見受けられます。

安心してティックトックを使用するためには

  • 近隣の有名な場所や建物の名前など、個人情報が掴めそうな単語は使わない
  • アカウント名に本名を使用したり、生年月日を入れたりしない

 

他人からのコメント入力と動画のダウンロードを禁止する

動画を投稿して応援のメッセージなどはうれしいものです。

しかし、中には悪口ばかりを書き込む人もいます。

それによって心が傷つけられてしまうケースは思いのほか多く存在しています。

そのため、できることならコメントやメッセージが可能な人を設定します。

また、不特定多数の人が動画をダウンロードできるようにしておくことは、それだけ意図しないところで拡散されてしまう危険性も高くなるため、プライバシー設定で動画をダウンロードできる人を制限しましょう。

 

ペアレンタルコントロール(保護者管理機能)を使う

これは主に未成年の方がティックトックを使用する際に保護者の方が自分のお子さんを犯罪やトラブルから守るために実装されている機能です。

ペアレンタルコントロールにより、ティックトックの使用時間の管理、動画コンテンツのフィルタリングによる未成年に不適切な動画コンテンツの排除、ダイレクトメッセージ(DM)の受信範囲を制限することにより不特定多数からのDMの受信などを防ぐことが可能になります。

この機能をお子さんのティックトックに適用することにより、保護者の方がお子さんのTikTokの閲覧内容を制限し、安全を管理できお子さんも楽しむことができます。

 

「抖音(douyin)」「TikTok」のセキュリティ強化のアップデート

2021年1月13日、2021年最初のセキュリティに関するアップデートがかかりとてもセキュリティが強化されました。

2021年1月13日より、16歳未満(TikTokをご使用になれる13歳から15歳)までのすべての登録アカウントのデフォルトのプライバシー設定を「非公開」に変更します。設定を「非公開」の状態でTikTokアカウントを使用すると、ユーザーの動画はフォロワーとして承認した人だけが視聴できます。
・16歳未満(TikTokを利用できる13歳から15歳)のユーザーが作成した動画へのコメント設定が変更になります。16歳未満のユーザーは、動画にコメントができる人の設定を「友達のみ」または「オフ」からのみ選択できるようになります。動画に対して誰もがコメントできる「誰でも」の選択肢は削除されました。
・デュエット機能とリミックス機能の設定を変更し、16歳以上のユーザーが作成した動画のみこれらの機能を利用できるようになりました。ただし、16〜17歳のユーザーの場合、デュエット機能とリミックス機能のデフォルト設定は「友達のみ」に設定されます。
・16歳以上のユーザーのみが、作成した動画のダウンロードを「オン」設定にすることが可能になります。ただし、16〜17歳のユーザーの場合、デフォルト設定は「オフ」となっており、設定をオンにしない限り、ユーザーが作成した動画のダウンロードは不可能となります。
・16歳未満(TikTokを利用できる13歳から15歳)のユーザーの場合、デフォルトで「アカウントのおすすめ表示」を「オフ」に設定します。※上記はマイページにある「友達をみつける」中の「あなたのアカウントのおすすめ表示」項目を表します。
・ダイレクトメッセージ機能とライブ配信機能を16歳以上のアカウントに制限します。
・仮想ギフトの購入、使用、受け取りを20歳以上のユーザーに制限します。
・ペアレンタルコントロール機能を使用して、保護者が子どものTikTokの利用方法や設定に制限をかけることができます。

(TikTok公式より引用)

 

「抖音(douyin)」「TikTok」の危険性まとめ

日本で大人気で利用者も多いTikTok。

個人やグループで歌ったり踊ったりしたショートムービーを楽しめるアプリです。

中国で誕生したアプリ「抖音(douyin)」の海外版アプリがTikTokなのです。

実はTikTokは日本版抖音(douyin)なのです。

ただし、いろいろと規制の多い中国なので、「抖音(douyin)」と「TikTok」は別物として認識されています。

やはり動画を投稿するアプリには危険がつきものです。

「抖音(douyin)」も「TikTok」も危険性はあります。

その理由、危険性の指摘、リスク対処法を解説しました。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました^^

(Visited 1,325 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA