全Wi-Fi機器に影響する脆弱性「FragAttacks」とは?

Pocket

ニューヨーク大学アブダビ校のMathy Vanhoef氏は12日(日本時間)、「すべてのWi-Fi機器が影響を受ける」Wi-Fiの設計と実装に関する複数の脆弱性が見つかったと発表した。「FragAttaks(fragmentation and aggregation attacks)」と名付けられ、内容の詳細はfragattacks.comで公開されている。

「FragAttacks」とは?

Wi-Fiデバイスの脆弱性

ニューヨーク大学アブダビ校のMathy Vanhoef氏が発見した、Wi-Fiのプロトコルそのものに起因する脆弱性の仕組みや対処法について、解説していきたい。

 

2021年5月、ニューヨーク大学アブダビ校の研究者、マシー・ヴァンホーフ(Mathy Vanhoef)氏が、研究結果「Fragment and Forge: Breaking Wi-Fi Through Frame Aggregation and Fragmentation」を公開。

このレポートは、ヴァンホーフ氏が発見した、Wi-Fiデバイスに影響を与える複数の脆弱性について説明しています。ヴァンホーフ氏は、この脆弱性群をまとめて「FragAttacks(フラグアタック)」と命名しました。

(Visited 32 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA