イカゲーム考察:壁やめんこや456の隠された意味とは?ゲスト出演している有名俳優も紹介!

イカゲーム考察:壁やめんこや456の隠された意味とは?ゲスト出演している有名俳優も紹介!
Pocket

人気作品「イカゲーム」はお金がない人を集め、賞金を懸けて繰り広げるサバイバルゲームという内容のストーリーですが、ドはまりしている人が急増しています。

今回は「イカゲーム考察・壁やめんこに456などの隠された意味とは?ゲスト出演している有名俳優も紹介!」をお届けします。

考察アイテム壁、めんこ、456などの意味や有名俳優が何話に出演するのかを紹介していきます。

今回の記事を読めばイカゲームがより面白く見れてさらにハマっていくと思います!

 

イカゲーム劇中の4つの考察アイテム

イカゲームの劇中には複数の4つのアイテムが出てきます。

それぞれについて解説していきます。

 

考察アイテム:壁

1つ目は壁です。最初の頃は456人もののベッドがあったので壁はほとんど見えませんでしたが、参加者がだんだんと脱落してベッドが減っていき、残り3人になったときに壁には絵が描かれていました。

その絵は第1ゲームから第6ゲームまでの種目の絵でした。

何のゲームを始めるのかは壁に既に描かれていたことが分かります。

しかし参加者は誰も見ていませんでした。

あの緊迫した空気の中で壁を見る余裕はなかっただろうと思います。

 

考察アイテム:めんこ

2つ目はめんこです。主人公のギフンが地下鉄の駅で謎の男性とめんこの勝負をするシーンがありますが、赤のめんこと青のめんこがあり、ギフンは青を選びます。そしてギフンは参加者になりました。

もし赤を選んでいたら管理者になっていた可能性があります。

 

 考察アイテム:465

3つ目は456です。ギフンの番号であり、賞金も456憶ウォン。

ギフンは競馬で456憶ウォンを当てています。

 

考察アイテム:死の伏線

4つ目は死の伏線です。

主要人物が死に方の伏線が序盤で散りばめられていました。

外国人労働者のアリは社長から未払いの給料を奪いましたが、ビー玉遊びではビー玉をサンウに奪われその後死亡しました。

ドクスは仲間に裏切られ、逃亡する際に橋から飛び降りましたが、飛び石渡りでは、ミニョに道連れにされて落下して死亡しました。

セビョクは脱北者支援センターの男性の喉にナイフを突きつけて脅していましたが、ゲーム会場内ではサンウに喉を切られ死亡しました。

サンウは練炭自殺を図ろうとしましたが、最終ゲームのイカゲームでは自分の喉を切り自殺しました。

 

イカゲーム・めんこ男役の有名俳優コン・ユ

コン・ユは本名コン・ジチョルの1979年7月9日生まれで、代表作は2007年に放送された「コーヒープリンス1号店」や2017年の「トッケビ」などが挙げられます。

コン・ユが演じるめんこ男ヤン・ボクナムはスーツ姿のセールスマンで、俳優のイ・ジョンジェが演じる主人公ソン・ギフンに声をかけ、めんこの勝負をします。

彼は恋愛ドラマの主人公としてのイメージが強いので、本作品の演じた役は今までとは全く異なるものですね。

劇中ではボクナムのことは詳しく説明されていないので、やさしく微笑んでいるのが逆に少し怖い印象があるのではないでしょうか。

イカゲームの監督とは普段から親しく、本作品の出演は監督からの私的な提案だったそうです。

劇中では語られていませんでしたが、監督曰く設定上ボクナムはかつて司会者として信任を得たのち、外部で仕事ができるようになったらしいです。

 

何話に出演する?

コン・ユが演じるめんこ男ヤン・ボクナムは登場するシーンは少ないですが、強いインパクトを残しています。

まず最初に登場するのは第1話のギフンとめんこをするシーンです。

何度も負けてるギフンをボクナムは笑顔でビンタしまくります。

そしてギフンが勝利しボクナムはギフンの経歴、家族、高利貸しから借りてることも熟知しており、ギフンは動揺をしていました。

次に登場するのは最終話でイカゲームから一年後、ギフンが娘のいるアメリカへ行くために空港へ向かう地下鉄を乗ろうとしたときに、ボクナムが別の男性とめんこをしてるところを目撃します。

ギフンは食い止めようとボクナムの方へ向かいますが、乗り遅れてしまい、ボクナムはギフンに笑顔で手を振りました。

 

イカゲーム・フロントマン役の有名俳優イ・ビョンホン

イ・ビョンホンは1970年7月12日生まれで代表作は「美しき日々」や「IRIS」、「G.1.ジョー」などがあります。

イ・ビョンホンが演じるフロントマン・ファン・イノは、元警察官でイカゲームの運営責任者を務め、2015年イカゲームの優勝者でもあります。

フロントマンの素顔は仮面で覆っているのでしばらくは素顔は分かりませんでしたが、勘のいい韓流ファンはうすうす気づいていたのかもしれません。

フロントマンはVIPの人たちと英語で話しているシーンがありました。

イ・ビョンホンは英語が流暢に話せるので、フロントマンを演じているのはイ・ビョンホンじゃないかと噂もあったそうです。

彼が出演していたことに驚いた視聴者は多かったそうです。

やはり韓国四天王といわれるほどの有名俳優ですからね!

 

何話に出演する?

最初に登場するのは第8話です。

ウイ・ハジュンが演じるファン・イノの弟ファン・ジュノは、ゲームに会場に潜入しましたが、バレてしまい近くの島へ逃亡。

しかしフロントマン=イノが率いるスタッフに見つかり囲まれ、「来るんだ」と言われたので「何者だ?」と聞くと、イノは仮面を外し素顔を見せました。

次に登場したのは最終話で、優勝したギフンをリムジンに乗せて祝福をしていました。

その1年後には目を開けたまま死亡したゲームの主催者イルナムの目を手で閉ざしているイノの姿がありました。

 

まとめ

以上が、イカゲーム考察・壁やめんこに456などの意味とは?ゲスト出演している有名俳優も紹介!でした。

4つの考察アイテムは

  • 壁に描かれた絵はゲームの内容のことが描かれていた。
  • めんこの色は青と赤で、青を選べば参加者、赤を選べば管理者になった可能性が。
  • 456はギフンの番号で、賞金額は456億ウォン、競馬であてたのも456億ウォンだった。
  • 主要人物の死は序盤に示唆されていて、皮肉ともいえる死を遂げていた。

でした。

めんこ男を演じた俳優コン・ユとフロントマンを演じた俳優イ・ビョンホンの出演は驚いた人が多数だったのではないでしょうか。

シーズン2が制作中のことですが、二人が今後も出るか楽しみですね!

 

(Visited 57 times, 2 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA