【イカゲーム】運営スタッフ29番は恩があったから殺されなかった?ネタバレや考察を解説

【イカゲーム】運営スタッフ29番は恩があったから殺されなかった?ネタバレや考察を解説
Pocket

ネットフリックスで2021年9月17日に配信された韓国ドラマ「イカゲーム」は世界中で大ヒットし、今なお人気が衰えることを知らないほどの名作であります。

本作品で登場するゲームの運営スタッフ29番には謎が多いと話題になっています。

今回は「イカゲーム・運営スタッフ29番は恩があったから殺されなかった?ネタバレ&考察」を題し、29番は誰かとどんな恩があったのか、そして以前はどういう人だったのかを考察を交えて解説していきたいと思います。

 

【イカゲーム】29番は誰?

運営スタッフ29番は輸送船で移動中に警察官のファン・ジュノに襲われ、仮面と衣服を奪われました。そしてジュノが運営スタッフ29番としてゲーム会場に潜入しました。

これはジュノが兄のファン・イノの行方を追うための作戦だったのです。

ジュノはイノの部屋にあったカードと主人公ソン・ギフンも持っていたカードが同じだったことからギフンの後を追い、潜入しました。

そして無事に潜入に成功したジュノは、他のスタッフにまぎれ一緒に行動します。

29と書かれた部屋に入り、「仮面着用」、「会話禁止」、「外出禁止」のサインを見て、後ろに振り返ると監視カメラが設置されているのに気づきます。

就寝時間になると監視カメラに映らないように毛布を顔まで覆い、スマホに「無人島 拉致 監視 そして仮面たち」とメモを残すためにタイプしていました。

 

【イカゲーム】29番はどんな恩があったのか?

29番として潜入したジュノは、28番と共に地下の方へ行きます。

28番は「なぜ昨日は来なかった?」と問います。

ジュノは「ごめん」と謝りますが、28番は「ごめん?皆お前を殺すと言ってたが、お前には恩があるから止めたんだ。今度サボったらアウトだぞ。」と注意します。

そして2人は奥に進んで部屋に入りました。

するとその部屋にはスタッフたちと参加者の一人のビョンギが死んだ参加者の解剖をしている姿がありました。

一人のスタッフが「29番、やっと現れたか。」と言いジュンは中に入ります。

スタッフたちは「あのゾンビ」についてを話始め、ジュノはそのゾンビはどうなったのかを聞きます。

しかしこの質問が29番は偽物の疑惑を持たれるようになります。ス

タッフたちに「お前もあの場にいたのになぜ聞くんだ?」「お前があの死体を処理したんだろ」と言われ怪しまれてしまいます。

しかしビョンギが「手術に手中させろ!」と怒鳴ったことで免れました。

 

日本語字幕では書かれていなかった29番の恩

日本語字幕では「お前に恩があるから止めたんだ。」と書かれていますが、吹き替えにすると「溺れかけたとき、助けてもらった借りを返したんだ。」と言っています。

英語字幕でも「I owed you for saving my life on our last dive.」と書かれており、意味は「前の潜水で助けてくれたことに借りがあった。」です。

つまり29番は28番と水にもぐって何らかの活動をしており、溺れた28番を助けた恩があったということですね。

 

【イカゲーム】以前の29番はどんな人だったのか(完全に考察)?

劇中では29番のことは詳しく説明されていないですが、臓器売買をしてるスタッフたちの発言から、29番は以下のような人物だったと考えられます。

 

何かをやらかしていた

28番が「皆お前を殺すと言ってた」と発言があったので、臓器売買をしていることがバレそうになったようなことをしでかしたのかと思われます。

他にも臓器の取引相手に怒りを買うようなこともしたかもしれません。

殺すと言われるほど嫌われていたのを考えると少なくとも大失態を犯したのは確かだと思います。

 

サイコパス

臓器売買をしている時点でサイコパスだとは思いますが、29番として潜入したジュノはゾンビはどうなったのかを聞いたせいで、スタッフに不審がられますが、「あの死体はお前が片付けただろ」との発言があったことから、普通の人ならまずできないであろう死体処理を平気で行える人物だったといえます。

それは人の気持ちが分かるような善良な人物にはできることではないですよね。

 

お金に飢えていた

29番だけではないですが、臓器売買をすることから、運営スタッフとしてだけでは食べていけないと思い、他のスタッフと一緒にバレないように始めたのではないかと考えられます。

そうでなければ臓器売買という非人道的行為をしないと思います。

 

まとめ


以上、イカゲーム・29番は恩があったから殺されなかった?ネタバレ&考察でした。

ファン・ジュノが29番になりすましてゲーム会場に潜入し、実態を警察に知らせるためか、就寝時間に毛布に潜りスマホに会場で起こっていることのキーワードをタイプします。

28番と29番として行動しているジュノは地下の方に進み、28番はなぜ来なかったのかを問い、恩があるから皆が29番を殺すのを止めたと言いますが、日本語字幕では何の恩については書かれておらず、日本語吹き替えと英語字幕では、溺れたのを助けたことの恩だったことが分かります。

そして以前の29番は殺すと言われるようなミスを犯したのと、人の死体を平気で処理できるほどのサイコパス、お金がなかったから仲間と臓器売買を始めたのだと考えられます。

29番はジュノに奪われていなくても、他の臓器売買仲間と同じくフロントマンたちに処刑されていたことでしょう。

(Visited 57 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA