【イカゲーム】イカや丸三角四角の意味は?ルールもわかりやすく解説

イカゲーム 丸 三角 四角
Pocket

ネットフリックスで配信された韓国ドラマ「イカゲーム」は世界中で大ヒットし、90か国で1位を獲得するほどの社会現象になりました。

現在は好評もあって、シーズン2が制作中とのことです。

イカゲームといえば、劇中に登場する丸三角四角の存在が印象的でしょう。

これらの意味は何かと気になる人も多いのではないでしょうか?

今回は「【イカゲーム】イカや丸三角四角の意味は?ルールも解説」をお届けします。

これを読んで、より一層「イカゲーム」を楽しんで見ていただければなと思います!

 

【イカゲーム】イカの意味は?

イカゲームの「イカ」は、ゲームで使うフィールドの形がイカに似ているところから来たそうです。

フィールドの形は○(丸)、△(三角形)、□(四角形)の3つの形で形成されいます。

△(三角形)がイカの頭に似ており、その下に□(四角形)が描かれるとイカに見えるところから名前が「イカゲーム」になったそうです。

イカに似ていると言われば確かに似ていますね。

地域によっては「イカ陸軍」、「イカピーナッツ」、「イカ牛車」、「イカ砲」などと呼ばれていたそうですが、イカと呼ぶのはどこも共通していたそうですね。

イカゲームは1970年代~1980年代で韓国で流行した子供の遊びなのですが、遊びがとても激しく、怪我をした子供もいたとか。

その理由から教育委員会から禁止されてブームは廃れていきました。

ですが、本作品をきっかけに再流行しているそうです。

遊ぶ際は怪我などをしないよう安全に遊びましょう。

 

【イカゲーム】丸三角四角の意味は?

イカゲームに登場している「○△□」のマークは常に本作品の中では強調されています。

タイトルでもピンクで「○△□」の部分が強調されていますね。

他にも本作品の主人公ソン・ギフンが地下鉄駅でめんこ勝負をしたスーツ姿の男性ヤン・ボクナムからもらったイカゲームの招待状にも「○△□」が記載されていました。

さらに、ゲーム会場を運営しているスタッフたちがつけている仮面にも「○△□」が描かれています。

スタッフたちの中は「○△□」で階級分けされており、「□」は各チームのリーダーで最上級で、「△」は真ん中で「○」が一番下っ端の階級となっています。

劇中では「□」のスタッフが「目上より先に話すな」と「○」のスタッフに注意している場面が見受けられるので、上下関係がはっきりしていることが分かります。

 

「○」の役割

「○」一番下っ端ということで作業員として働いています。

カルメ焼きを作ったり、参加者の遺体を棺に入れて焼却炉へ運ぶなどの作業をしています。

「○」は命令に絶対服従、「○=YES」としか言えないことを表現しているのではと捉えることも出来るのではないでしょうか。

 

「△」の役割

「△」は兵士として働いており、常に銃を構えて統制しているのが分かります。

ゲームに失敗した参加者を銃で撃ち殺すのが主な仕事です。

 

「□」の役割

一番上の「□」は上官として働いています。

トップであるフロントマンに報告や参加者への告知をするのが仕事です。

「□」形が口の形に似ていることから、報告や告知をするのが「□」の役割なのではないかと捉えることもできるかもしれないですね。

 

イカゲームのルールは?

イカゲームは攻撃側と守備側に分かれて、陣地の取り合いをします。

フィールドの形は小さい「○」が上下にあり、その間に大きい「△」と「□」があります。

 

攻撃側

フィールドの外に回り、「△」の上にある小さな「○」から片足でイカの腹まで移動します。

守備側に止められずにイカの腹を通って「暗行御史(アメンオサ)」と言うと両足が使えるようになります。

そして「□」の下にある小さい「○」の方へ進み、フィールド内に入ることができます。

守備側に止められずに「○」の下の部分と「△」の先端部分が重なっている領域に足を踏みいれば勝ちです。

しかしフィールド内から出れば負けになります。

 

守備側

フィールドの中に回り、攻撃側がフィールドに入って「○」と下の部分と「△」の先端部分に足を踏み入れられるのを阻止します。

最後までゴールを守り切り、攻撃側を全員フィールドの外に追い出せば勝ちです。

しかし、フィールド内から出れば負けになります。

攻撃側が「○」からスタートし、「△」を通り、「□」に入る順番が、ゲームスタッフの階級を物語っているのだなと思います。

 

イカゲームをやってみたネットの反応

 

まとめ

以上、【イカゲーム】イカや丸三角四角の意味は?ルールも解説でした。

イカゲームのイカの意味はフィールドの形が丸、三角、四角で出来ているので形がイカのように見えるところからでした。

劇中で登場する「○△□」は、物語の大きなカギとなっており、タイトルやゲームの招待状、スタッフの仮面に描かれています。

スタッフでは階級分けされており、低い順に「○△□」と並んでいます。

イカゲームのフィールドは、「○」から始まって、「△」の縁を通り「□」の方へ回って入るので本当に「○△□」の順番だということが分かります。

シーズン2はどんな展開になるのかが楽しみです!、

 

(Visited 984 times, 12 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA