無料VPN日本語対応おすすめBEST5!安全性についても解説

無料VPN日本語対応おすすめBEST5!安全性についても解説
Pocket

海外のコンテンツを楽しむのに必要なのがVPNです。

VPNとは「Virtual Private Network」の略で、直訳すると「仮想プライベートネットワーク」「仮想専用線」です。

VPNは、インターネット上で、あなたのデバイス(パソコンやスマホ)とVPNサーバーの間に暗号化されたトンネルを作り、そのトンネルを通って安全に通信することを可能にしてくれるソフトウェアです。

実はよくわからないので無料のVPNで試してみよう・・と思っている方もいるのでは?

そこで無料のVPNを紹介します。

 

無料のVPNはいくつもあるようですが、日本語で使えるものがいいですね。
ねじこ
ねじこ

日本語に対応しているものを選んでいますので安心して試してください。

\おすすめVPN/

bgt?aid=210710343128&wid=009&eno=01&mid=s00000018459001007000&mc=1

今すぐNordVPNを試してみる>>

 

無料VPN日本語対応おすすめBEST5

日本語対応の無料VPNを紹介します。

メリットとデメリットも解説しています。

 

 

1 、ProtonVPN

無料VPN日本語対応おすすめBEST5!安全性についても解説

無料でもセキュリティが高いProtonVPN

ProtonVPNはプロトンメールという暗号化されたメールサービスを開発した会社が運営するVPNサービスです。

スイスが拠点なので、アメリカやヨーロッパの参加する14-Eyesの管轄外なのでセキュリティの面でも安全といえます。

有料プランと無料プランがあり、無料プランの場合は「日本・アメリカ・オランダ」の3か国のサーバーのみが利用可能。

ProtonVPNは無料で利用できるVPNサービスの中ではセキュリティレベルがかなり高いので、無料VPNの中では一番安全です。

速度が欲しい場合やセキュリティをより強固にしたい場合は有料版へのアップデートをお勧めします。

ProtonVPNのメリット

  • ほぼ完全なノーログ
  • 信頼できるProtonMailが提供しているサービス
  • 強力なプライバシー法が置かれたスイスが所在地
  • 暗号化が軍事レベルといわれている
  • 日本のサーバーに繋がる
  • 完成度の高いアプリ

ProtonVPNのデメリット

  • 速度制限がかかる

ProtonVPNの公式サイトはこちら>>

 

2、 TunnelBear

無料VPNは日本のサーバーに繋げられる?2022おすすめ紹介

Tunnel Bearはカナダに本拠地を置くVPNプロバイダー。

無料版と有料版を選ぶことができます。

無料版だと500Mまでしか使えませんが、有料版とほとんど同じ機能が利用可能です。

どちらもセキュリティが高く、ネットワークを通して送信された情報や個人データを記録しない(収集しない)というポリシーを保護しています。

操作性はシンプルで使いやすいという印象です。

ホームページからアカウント画面にログインしてTwitterに呟くを申請して、呟くと1GBプレゼントしてくれます。

 

Tunnel Bearのメリット

  • 接続方法が非常に簡単
  • 知名度が高い
  • 通信速度が速い
  • iphone, Android等々にアプリ対応

 

Tunnel Bearのデメリット

  • 無料版は毎月500Mまで
  • 速度があまり出ないことがある
  • 英語のみで日本語には対応していません

 

Tunnel Bearの公式サイトはこちら>>

 

3、Hide Me

無料VPNは日本のサーバーに繋げられる?2022おすすめ紹介

Hide Meは、ドイツ系VPNプロバイダーでマレーシアに拠点を置いています。

こちらも無料版と有料版を選べます。

無料版は、公式サイトからの申し込みで毎月2GBまで、アプリからだと毎月500MBまでです。

また、日本のサーバーは有料版のみ利用可で、無料版の場合は、カナダ、シンガポール、ニュージーランドのサーバーのみとなっています。

Hide Meのメリット

  • ノーログポリシー
  • 各デバイス毎にアプリがある
  • 登録時クレジットカード不要

 

Hide Meのデメリット

  • パソコン版は毎月2GBまで(PCから)
  • アプリ版は毎月500MBまで
  • 無料版は日本サーバー利用不可
  • 英語のみに対応していて日本語は使えません

 

Hide Me VPNの公式サイトはこちら>>

 

4 、VyprVPN

無料VPN日本語対応おすすめBEST5!安全性についても解説

VyprVPNはiPhoneやandroidアプリから申し込むと一回のみ1000M無料で利用できます。

スムーズな接続に、安定した通信が特徴です。

ノーログに、強い暗号化、高品質なアプリ、70ヶ国に設置されたサーバーを利用出来ます。

VyprVPNのメリット

  • アプリが日本語に対応している。
  • DNSサーバーを含む全てのサーバーが自社製で非常に高いセキュリティ
  • 高速で通信可能
  • あらゆるデバイスに対応している
  • 中国で繋がる無料VPN

VyprVPNのデメリット

  • 1000Mは一回の利用

VyprVPNの公式サイトはこちら>>

 

5、VPNgate

無料VPNは日本のサーバーに繋げられる?2022おすすめ紹介

VPN Gateは筑波大学が研究・実験の為に提供している公開VPNサービスです。

世界中にボランティアで提供されている6000台以上のVPNサーバーを利用する仕組みです。

VPNgateのすごいところは、使用量が無制限な点です。

Youtube動画やその国限定の動画配信サービスを利用したい場合は、とても便利ですね(*´꒳`*)

また、会員登録も必要ないので、すごく気軽にお試しすることができます。

 

VPN Gateのメリット

  • 会員登録不要
  • 世界中にサーバー数多め(日本サーバーあり)
  • 暗号化されている
  • 利用制限なし

 

VPN Gateのデメリット

  • 通信がよく途切れる
  • 通信速度が遅い
  • 安全性が低い

 

VPNgateの公式サイトはこちら>>

 

無料VPNは安全か?

無料のVPNは、帯域幅とサーバー拠点に厳しい制限があったり、個人情報が盗まれたりとリスクがあります。

もともとVPNは、インターネット上に専用のバーチャルネットワークを構築することでセキュリティを高められる仕組みです。

しかし、無料VPNだとそのセキュリティは低くなります。

そこで、無料VPNにおける危険性を解説します。

・ユーザーの行動を追跡している可能性がある【個人情報の収集】
・ユーザーの活動情報を広告主に送信している【通信ログの収集】
・通信の暗号化技術が低くセキュリティが貧弱【ウイルス感染】

 

ユーザーの行動を追跡している可能性がある【個人情報の収集】

無料Wi-Fiを使う際にも、匿名のままアクセスできたり、データの盗み見や情報漏洩のリスクを減らすことができるのがVPNです。

しかし、匿名化の技術や手法はサービスによって違うので、IPアドレスを隠す技術が貧弱だったりするサービスもあります。

つまり、サービスによっては、IPアドレスを簡単に突き止められてしまうVPNもあるのです。

 

ユーザーの活動情報を広告主に送信している【通信ログの収集】

通信ログが流出するリスクもあります。

通信ログとは、ネットワーク接続を行った際に残る記録です。

いつ通信を行ったか、どのようなWebサイトにアクセスしたかという情報が記録されています。

悪意のあるサービス提供者は、意図的に利用者の通信ログを取得し、そのデータを外部に流出させてしまう恐れもあります。

 

通信の暗号化技術が低くセキュリティが貧弱【ウイルス感染】

VPNを使う主な目的は、第三者の攻撃や外部への情報漏洩を防ぐことです。

しかし、利用するサービスによっては、VPNでもウイルス感染の可能性があります。

VPNでは、基本的に外部からのアクセスはできないはずなのになぜ?・・

実は、その犯人はサービス提供者なのです。

VPNのサービス提供者は、利用者がインターネットを利用中に悪意のあるサイトに移動させたり、VPNアプリやソフト自体にウイルスを仕込んだりします。

信頼性がしっかりあるサービスを選びましょう。

 

VPNおすすめ有料:NordVPN

NordVPNは、業界で最も利用されているVPNブランドのひとつで、あらゆるニーズに、安全で信頼できるアクセスで応えます。

世界59か国に5134台のサーバー
1つのアカウントで6つのデバイスを同時に接続
ログを記録しないポリシーを運用して、オンラインデータが常に保護される
自動キルスイッチとDNSリーク保護があり
新しいOnion Over VPN機能が含まれていて、データ侵害がないことを保証
クレジットカード不要の3日間の無料トライアル
0

NordVPNは、最新のセキュリティテクノロジーを活用して、安全なインターネットアクセスを提供します。

NordVPNでは、世界59か国に5134台のサーバーがあり、1つのアカウントで6つのデバイスを同時に接続できるため、他のほとんどのVPNよりも柔軟性が高いです。

プライバシーと匿名性の機能について、NordVPNはログを記録しないポリシーを運用して、オンラインデータが常に保護されるようにします。

VPNサービスには、自動キルスイッチとDNSリーク保護があります。

そのため、接続が切断されてもカバーされるので安心して利用できます。

新しいOnion Over VPN機能が含まれていて、データ侵害がないことを保証してくれます。

NordVPNは、最高峰である軍用グレードの暗号化のAES-256暗号化で動作します。

VPNの速度は、サービスとそのサーバーは光の速度で動作します。

これらのサーバーはP2Pファイル共有をサポートしていますが、他のiPhoneユーザーとのみファイルを共有することができます。

このサービスにはDoubleVPNの別の機能が含まれているため、攻撃からデータは1台ではなく2台のサーバーで二重に保護してくれます。

NordVPNは非常に手頃な価格でサービスを提供します。

30日間の返金保証もあるNordVPNは、試してみる価値のあるVPNと言えるでしょう。

ノイダ、インドールおよびデリーにサーバーを設置することで、インド国内でブロックされたコンテンツをシームレスに閲覧することができます。

\おすすめVPN/

bgt?aid=210710343128&wid=009&eno=01&mid=s00000018459001007000&mc=1

今すぐNordVPNを試してみる>>

 

まとめ

海外のコンテンツを楽しむのに必要なのがVPNです。

VPNとは「Virtual Private Network」の略で、直訳すると「仮想プライベートネットワーク」「仮想専用線」です。

VPNは、インターネット上で、あなたのデバイス(パソコンやスマホ)とVPNサーバーの間に暗号化されたトンネルを作り、そのトンネルを通って安全に通信することを可能にしてくれるソフトウェアです。

実はよくわからないので無料のVPNで試してみよう・・と思っている方もいるのでは?

そこで無料のVPNを紹介してきましたが、無料VPNの安全性には信頼でき委かもしれませんね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました^^

(Visited 79 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA