中国vpn繋がらない?代わりのおすすめのサービスを紹介!

VPN無料は中国で使える?危険性とおすすめのサービスを紹介!
Pocket

中国は、インターネットサービスの監視に関してはかなり厳しいと言われています。

そのため、Facebook、Gmail、WhatsApp、YouTubeなどたくさんのサイトやアプリがブロックされています。

中国政府による多チャンネル監視、ギャンブルやアダルトサービスコンテンツの禁止、そして当然のことながら企業があらゆる種類の個人データの開示を司法によって強制されてきました。

その理由として、国家安全の保障です。

中国はファイアウォールによってネットが厳しく検閲されている国の一つです。

そこで、政府によって禁止されたウエブサイトにアクセスするためにVPNサービスを利用することです。

VPNとは、一般的なインターネット回線を利用して作られる仮想のプライベートネットワークのことで、「Virtual Private Network」(日本語に直訳すると仮想の専用線)の略です。

VPNを使えば中国にいながら日本のネットサービスを利用することができます。

中国に住んでいる日本人でVPNを使っていない人はほぼいないと言われるくらい常識になりつつあります。

また、VPNサービスの中には無料で利用できるものもあります。

ただし、無料で利用できるVPNは、期間限定であったり、帯域幅とサーバー拠点に厳しい制限があるので、有料のVPNをお勧めします。

そこで、無料のVPNの危険性も解説していますので最後までお読みください(^▽^)/

 

\おすすめVPN/

bgt?aid=210710343128&wid=009&eno=01&mid=s00000018459001007000&mc=1

今すぐNordVPNを試してみる>>

 

中国で使える無料VPN

中国で無料で使えるVPNを紹介しますが、無料VPNには必ず何らかの制限があります。

帯域、通信量、接続できるサーバー、セキュリティ機能などに制約があったり、他にも知らないリスクが隠れていたりするのです。

 

・ExpressVPN:無制限のデータ、安全なインターネットアクセスのために信頼性の高いサーバーで24時間年中無休のライブチャットサポートを備えた中国向けのNo.1 VPN。

30日の返金保証で実質無料でつかえます。

・Hide.me:最大10GBの月間データを備え、500時間のブラウジングと厳格なノーログによりインターネットのプライバシーを監視から保護します。

だだし、Huluのブロックを解除することはできませんでした。

・TunnelBear: 毎月1.5GB(1日500MB)で約900のWebページにアクセスできますが、ネット上の番組や映画にはアクセスできません。

・Windscribe : 月間のデータは10GB以上、無制限のデバイスで約40時間YouTubeを視聴したり、ブラウジングできますが、技術的な問題を支援してくれるライブチャットはありません。

・Hotspot Shield: 高速で安定しているこのVPNは毎日無料で500MBまで通信できます。

メールを送るには十分ですが、ストリーミングには足りません。

 

 

無料VPNの危険性について

上記で紹介した無料のVPNは期間限定であったり、帯域幅とサーバー拠点に厳しい制限があったり、個人情報が盗まれたりとリスクがあります。

もともとVPNは、インターネット上に専用のバーチャルネットワークを構築することでセキュリティを高められる仕組みです。

しかし、無料VPNだとそのセキュリティは低くなります。

そこで、無料VPNにおける危険性を解説します。

・ユーザーの行動を追跡している可能性がある【個人情報の収集】
・ユーザーの活動情報を広告主に送信している【通信ログの収集】
・通信の暗号化技術が低くセキュリティが貧弱【ウイルス感染】

 

ユーザーの行動を追跡している可能性がある【個人情報の収集】

無料Wi-Fiを使う際にも、匿名のままアクセスできたり、データの盗み見や情報漏洩のリスクを減らすことができるのがVPNです。

しかし、匿名化の技術や手法はサービスによって違うので、IPアドレスを隠す技術が貧弱だったりするサービスもあります。

つまり、サービスによっては、IPアドレスを簡単に突き止められてしまうVPNもあるのです。

 

ユーザーの活動情報を広告主に送信している【通信ログの収集】

通信ログが流出するリスクもあります。

通信ログとは、ネットワーク接続を行った際に残る記録です。

いつ通信を行ったか、どのようなWebサイトにアクセスしたかという情報が記録されています。

悪意のあるサービス提供者は、意図的に利用者の通信ログを取得し、そのデータを外部に流出させてしまう恐れもあります。

 

通信の暗号化技術が低くセキュリティが貧弱【ウイルス感染】

VPNを使う主な目的は、第三者の攻撃や外部への情報漏洩を防ぐことです。

しかし、利用するサービスによっては、VPNでもウイルス感染の可能性があります。

VPNでは、基本的に外部からのアクセスはできないはずなのになぜ?・・

実は、その犯人はサービス提供者なのです。

VPNのサービス提供者は、利用者がインターネットを利用中に悪意のあるサイトに移動させたり、VPNアプリやソフト自体にウイルスを仕込んだりします。

信頼性がしっかりあるサービスを選びましょう。

 

中国在住日本人必須のVPNサービス


bgt?aid=220211391831&wid=009&eno=01&mid=s00000022174001019000&mc=1


0
インターネットで閲覧規制の厳しい中国からでも、SNS(Facebook、Twitter、Instagram、LINE等)や動画サイト(Youtube、Amazonプライムビデオ Netflix TVer AbemaTV)を利用できるようになります。

VPNを使い、日本国内のサーバーを中継することで、インターネット上で日本国内にいるのと同じ状況をバーチャル的に作り出す為、動画サイトに関しても日本の動画サイトを見ることが可能です。

専用ソフトのインストールも不要で初心者でも簡単に利用出来るサービスです。

※中国以外の海外からでも日本の動画サイトを見る為に利用できます。

海外在住日本人に必須のVPNサービス【スイカVPN】

 

 まとめ

中国では、国家安全の保障として、多チャンネル監視、ギャンブルやアダルトサービスコンテンツの禁止、そして当然のことながら企業があらゆる種類の個人データの開示を司法によって強制されてきました。

Facebook、Gmail、WhatsApp、YouTubeなどたくさんのサイトやアプリがブロックされています。

そのため、インターネットサービスの監視に関してはかなり厳しい中国ではVPNが必要不可欠です。

今回の記事では中国に住む日本人に向けたVPNサービスを紹介しましたがいかがでしたか?

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

 

(Visited 53 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA