VPNおすすめ中国|インターネット規制を回避できる?

VPNおすすめ中国|インターネット規制を回避できる!
Pocket

インターネットの規制に厳しい中国ではVPNが必須と言われています。

中国ではTwitterやInstagram、Googleなどのインターネットのサービスを使うことはできなのです。

中国政府による多チャンネル監視、ギャンブルやアダルトサービスコンテンツの禁止、そして当然のことながら企業があらゆる種類の個人データの開示を司法によって強制されてきました。

その理由として、国家安全の保障です。

中国はファイアウォールによってネットが厳しく検閲されている国の一つです。

VPNとは、一般的なインターネット回線を利用して作られる仮想のプライベートネットワークのことで、「Virtual Private Network」(日本語に直訳すると仮想の専用線)の略称です。

VPNを使えば中国にいながら日本のネットサービスを利用することができます。

しかし、VPNにも有料や無料とあり、どれを選んだらいいかわからなくなりませんか?

そこで今回は、インターネット規制を回避できるVPNおすすめ中国を紹介します。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

 

中国でVPNの選び方

VPNおすすめ中国|インターネット規制を回避できる!

VPNの業者はたくさんあるので迷ってしまいます。

そこで選ぶ基準について解説していきます。

 

料金

1カ月プランなどの短期契約であれば月額10~12ドル程度、3年契約などの長期プランの場合は月額3~7ドル程度で利用できます。

公式HPやアプリ、サポート体制が日本語対応になっているVPNは若干料金が高いです。

コストを抑えたいなら英語の勉強も必要ですね(笑)

また無料VPNもありますが、安全面(個人情報が抜かれたり)に不安があるのでお勧めできません。

 

VPNの安定性

中国政府はVPN規制を強化しており、予告なしに使っているVPNがブロックされる可能性もあります。

VPNのなかには、中国政府からの規制を回避する機能を持っているものもあります。

VPNを選ぶときに中国の規制を回避できるのかも選ぶ時のポイントです。

 

サーバーの通信速度

サーバーまでの距離があるとVPNの通信速度は落ちてしまいます。

中国でVPNを使用する場合、香港や韓国、台湾などにサーバーを持っているVPNを選ぶのがいいです。

 

サポート体制

中小規模のVPN業者の場合、サポート体制に限りがあり、問い合わせがメールサポートのみだったり、返信までに時間がかかることがあります。

サポートに信頼性があるVPNを選びましょう。

 

VPNおすすめ中国

中国で使えるVPNを紹介します。

一カ月の料金プランの平均は月額10ドル~13ドル程度で長期プランにした方がコストパフォーマンスがよくなります。

接続可能端末は3~6台が平均となっており、プロバイダーによっては無制限のものもあります。

 

セカイVPN


bgt?aid=220211391830&wid=009&eno=01&mid=s00000001004012017000&mc=1


0
日本や世界各国に設置したVPNサーバーに接続することで、各国のIPアドレスでインターネットアクセスを可能にするIP共有型のVPNサービスです。<VPNサーバー設置国>
日本、アメリカ、ドイツ、台湾、韓国、フランス、イギリス、タイ、インドネシア、ベトナム

・最大2ヶ月間(翌月の月末迄)無料体験可能。
・ユーザーIDとパスワードを即発行、即時利用(クレジットカード支払いの場合)。
・プロバイダやネット環境を選びません(プロバイダはそのままでOK)。
・PPTP・L2TP・OpenVPNに対応。様々なOSやデバイスで使えます。

最大2ヶ月、無料体験でお試しができます。

無料体験は、契約の拘束などは一切ありませんので、無料体験期間内に退会すれば、一切費用はかかりません。

まずは最大2ヶ月、無料でお試しください。

セカイVPN>>

 

Millen VPN


bgt?aid=220211391834&wid=009&eno=01&mid=s00000016565003012000&mc=1


0
大手レンタルサーバーのmixhostが VPNサービスを開始しました!

「Millen VPN」(ミレンVPN) 月額968円からインターネット接続を暗号化することができます。

・フリーWiFiを使った時に情報を抜き取られたくない

・テレワークのセキュリティ強化をしたい という人はアプリをインストールするだけで、セキュリティ化することができます 。

MillenVPNは中国で使えるVPN 

 

NordVPN


bgt?aid=210710343128&wid=009&eno=01&mid=s00000018459001007000&mc=1


0
NordVPNは、最新のセキュリティテクノロジーを活用して、安全なインターネットアクセスを提供します。

海外からでも制限なしでアクセスできて、身元やアクセス場所、オンライン活動を見えなくするグローバルネットワークで、ビットコインも利用できます。

NordVPNは、Forbes、Business Insider、The Wall Street Journal、Mashableなどの一流ブランドと提携しています。

独立研究機関のAV-TEST GmbHによると、NordVPNは市場最速のVPNです(日本市場を含む)。

 

中国でVPNが必要な理由

VPNおすすめ中国|インターネット規制を回避できる!

現在、中国ではインターネットの「グレートファイアーウォール」と言われる検閲システムが存在し、国民に対して中国共産党や政府にとって都合の悪い情報を閲覧できないようになっています。

そこで、日本と同じネットサービスを利用するにはVPNが必要です。

VPNとは、バーチャルプライベートネットワークの略で、「仮想ネットワーク空間」を意味します。

VPNは中国のグレートファイアウォールをすり抜けるトンネルのような役目を果たします。

VPNを使えば、中国国外のIPアドレスを取得することができるので、中国のネット検閲システムの影響を受けずに、日本と同じWebサービスを利用することが可能です。

中国の上海など中国に旅行や出張で行く際はVPNアプリを導入が必須です。

VPNを導入しておけば、中国でアプリが使えない状態にならず、自分のスマートフォンがちゃんと使えますね。

しかし、中国政府はVPN規制を強化しており、当局によって認可されていないVPNをブロックする事例が出ています。

数か月前まで使用できたVPNが今は使えないという場合もあるのです。

中国ではVPNはどこまで禁止で監視されている?

 

中国のグレートファイアウォールとは?

中国政府が運用するインターネット検閲システム

有害情報へのアクセスを遮断するシステムで、サーチエンジンの検索ワード、電子メール・ソーシャルメディア・メッセンジャーアプリの送受信記録などを検閲しているとされる。

参照:goo辞書

 

VPNおすすめ中国|インターネット規制を回避まとめ

インターネットの規制に厳しい中国ではVPNが必須と言われています。

中国ではTwitterやInstagram、Googleなどのインターネットのサービスを使うことはできなのです。

中国はファイアウォールによってネットが厳しく検閲されている国の一つです。

VPNとは、一般的なインターネット回線を利用して作られる仮想のプライベートネットワークのことで、「Virtual Private Network」(日本語に直訳すると仮想の専用線)の略称です。

VPNを使えば中国にいながら日本のネットサービスを利用することができます。

しかし、VPNにも有料や無料とあり、どれを選んだらいいかわからなくなりませんか?

そこで今回は、インターネット規制を回避できるVPNおすすめ中国を紹介しました。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました^^

(Visited 36 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA