テレワークでVPN使わなくてもいい?セキュリティ対策で気を付けることとは?

テレワークはVPN接続で安全か?セキュリティ対策で気を付けることを解説!
Pocket

コロナ禍で働き方も変わった方も多いことでしょう。

中でもテレワークと言うものも浸透しました。

コロナウイルスが落ち着いてきたようですが、テレワーク中心の働き方を続けている人もいますよね。

しかし、テレワークにはセキュリティの面で安全とは言えません。

特に情報漏洩の危険性があります。

テレワークではカフェなどの公共のWi-Fiを使うこともあるでしょう。

情報のやり取りには社外のネットワークを使うことは非常に危険が伴います。

そこで、テレワークはVPN接続を使うことをお勧めします。

VPNは、仮想のトンネルを作り、その中を情報が行き来して、外から見てもどんな情報なのかは見ることができなくなるものです。

今回の記事では、テレワークはVPN接続で安全か?セキュリティ対策で気を付けることを解説しますので最後までお読みください(⌒∇⌒)

 

テレワークはVPN接続で安全

テレワークにVPNを導入する

コロナウイルスの影響で、多くの企業でテレワークが推進されてきました。

そこで課題になるのがセキュリティの問題でした。

VPNはテレワークのセキュリティリスクの代表的な解決策だと言えます。

VPNはVirtual Private Networkの略称で直訳すると仮想専用線です。

インターネット上で利用者専用の仮想的なプライベートネットワークを構築することで、通信に安全性が得られるのです。

かつて、ネット上でデータを安全にやり取りするためには、SSL通信や専用線などを利用するものが中心でした。

しかし、Webベースの暗号化接続方式であるSSL通信には通信品質が低くなりがちになり、なりすましによる通信の改ざんされる危険性があります。

また、物理的な専用線では設置や管理にコストがかかってしまいます。

そこで、VPNの利用が望まれました。

一定の通信品質を確保しつつ、通信傍受や盗聴のリスクを避けることができるのがVPNです。

そのため、世の中に広く普及していきました。

現在、VPNを導入する企業が増えているのです。

大手企業などでは業務で利用する端末に制限をかけて、インターネットを使うときはVPN接続経由するようにし、テレワークでオフィスにいるのと同じ業務環境にするためにVPNが利用されています。

VPNの選び方!VPNアプリで何ができるの>>

 

テレワークのセキュリティ対策で気を付けること

テレワークにVPNを導入する

テレワークに必要な対策について解説していきます。

 

テレワーク導入前

テレワークで使用するパソコンや端末は他人と共有にしてはなりません。

情報漏洩の面からも自分専用のパソコンや端末を利用します。

しかし、都合上共有で使わなくてはならない場面もあるかもしれません。

その場合、アカウントは別々にするなどの対策が必要です。

zoomやTeamsなどウェブ会議のサービス等を新たに使い始める際は、セキュリティの面は慎重に設定してください。

 

自宅で行う場合

自宅のルータは、メーカーのサイトを確認し、最新のバージョンに更新して、常に最新の状態にします。

 

公共の場で行う場合

テレワークだと自宅での作業以外にもカフェ等の公共の場所で仕事をするかもしれませんね。

その時はパソコン等を使用するときは、他人にパソコンの画面をのぞかれないように注意してください。

公共の場所でウェブ会議を行う場合は、話し声が他の人に聞こえないように注意してください。

情報の漏洩以外にも周りの方たちに迷惑になります。

カフェなどのフリーWi-FiやコワーキングスペースのフリーWi-Fiなどの公衆Wi-Fiを利用する場合は、パソコンのファイル共有機能をオフにしましょう。

公共のWi-Fiはセキュリティの脆弱性があります。

ハッキング目的のWi-Fiに接続してしまったらデーターを盗まれてしまいます。

VPNサービスを利用することで安全性が高まります

また、データ以外にも紙の書類等の取り扱いにも注意が必要です。

紙・データどちらにも関わらず、持ち出すデータの管理を徹底しましょう。

 

テレワークにVPNを導入する際のメリット

テレワークにVPNを導入する

テレワークにVPNを導入する場合、セキュリティの面以外にも様々なメリットがあります。

 

専用線よりコストが抑えられる

専用線なら新たな接続環境を構築する必要があります。

それがVPNの場合、すでに存在する回線を利用して接続するのでコストが抑えられます。

さらに、ネットワークをつなぐためのルーターも安く購入できます。

初期費用を抑えるなら専用線よりVPNを選びましょう。

 

社内のシステムにアクセスできる

VPNの導入によって、社内のLANに何時でもリモートアクセスできます。

ネット環境があれば、社内のデータの閲覧もできます。

営業先で商品在庫をリアルタイムで確認したり、移動中にワークフローの申請・決裁を進めることもできます。

確認のためだけにオフィスに戻る必要がないですね。

 

情報漏洩のリスクを低減できる

VPNのネットワーク内でデータのやり取りを行うため、機密情報が外部に流出するリスクを低減できます。

コワーキングスペースやカフェで公共のフリーWi-Fiを利用して、社内システムにアクセスする場合も、通信が暗号化され外部からのアクセスができないようになります。

 

テレワークにVPNを導入する際のデメリット

テレワークにVPNを導入する

VPNを導入する際、考慮しておくべき課題がいくつかあります。

 

回線速度の低下・遅延

VPN接続をテレワークで利用する場合、その回線速度はテレワークで利用している回線の速度が関係しています。

自宅で利用している回線の速度が遅い場合、VPNの通信速度の低下や遅延で業務効率が落ちることもあります。

VPNによっては同時接続制限というものがあります。

従業員が一斉に業務を開始する始業時間、VPNを同時に利用することも少なくありませんよね。

すると、VPN渋滞が発生し、場合によっては接続が確立されなかったり、大幅な通信遅延が発生したりすることも少なくありません。

テレワークではビデオ会議など通信量が増えるネットワーク利用があると、契約しているVPNの帯域では十分に通信速度を維持することができない場合、映像の送受信がうまくいかない、あるいは音が途切れ途切れになってしまいます。

通信量に余裕を持たせるには、VPNの同時接続数を増やすことです。

 

情報漏洩のリスク

VPNを導入しても情報漏洩の可能性もあり得ます。

VPN接続では、通信を暗号化するため、時間や場所、デバイスを問わず社内システムへアクセスできます。

しかし、設定が不十分なVPNが原因で、VPNのパスワードや情報が流出することは十分考えられます。

誰でもインターネットに接続する以上は注意が必要です。

実際2020年8月には国内大手38社でVPN情報が流出した可能性についてのニュースが報じられていました。

VPNの脆弱性を防ぐ対策としては、多要素認証の導入や、VPN内で従業員ごとにアクセスできる権限を振り分けておく必要があります。

 

テレワークにVPNを導入するまとめ

コロナ禍で働き方も変わった方も多いことでしょう。

中でもテレワークと言うものも浸透しました。

コロナウイルスが落ち着いてきたようですが、テレワーク中心の働き方を続けている人もいますよね。

しかし、テレワークにはセキュリティの面で安全とは言えません。

特に情報漏洩の危険性があります。

テレワークではカフェなどの公共のWi-Fiを使うこともあるでしょう。

情報のやり取りには社外のネットワークを使うことは非常に危険が伴います。

そこで、テレワークはVPN接続を使うことをお勧めします。

今回の記事では、テレワークはVPN接続で安全か?セキュリティ対策で気を付けることを解説しました。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました^^

MillenVPNは中国で使えるVPN 

 

(Visited 82 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です