ベラジョンカジノのブラックジャックの「ハイローカウント」を解説

ベラジョンカジノのブラックジャックのカウンティング方法を解説
Pocket

ベラジョンカジノはブラックジャックが人気であり、今最も勢いのあるオンラインカジノの一つとして知られています。

ベラジョンカジノのブラックジャックのカウンティング方法を解説しますので最後までお読みください(⌒∇⌒)

 

公式サイトはこちら>>

ads?b=948&m=43052

※当サイトから登録で、今なら35ドルのボーナスGET+20回フリースピンをゲット!

 

ベラジョンカジノのブラックジャックのカウンティング

ベラジョンカジノのブラックジャックの種類やおすすめ紹介!稼ぐコツも解説

ブラックジャックのテクニックにカウンティングという技があります。

カウンティングとは、カードの種類に応じて足し算・引き算を行い、カードシューの中にどの種類のカードが多く残っているか?を見分けるためのテクニックです。

ブラックジャックにおいて、ハイカード(10, J, Q, K, A)がデッキに多く残っている状況がプレイヤーにとって有利だということが知られています。

また、プレイヤーはどのタイミングでも自由にヒット・スタンドができますが、ディーラーはハンドが16以下の場合は必ずヒットしなければなりません。

そのため、ハイカードが多くデッキに残っている状況では、ディーラーがバストしやすくなりプレイヤー有利となります。

さらに、プレイヤーにはダブルダウンやスプリットという選択肢もあるため、ハイカードが多い状況ではさらにプレイヤーが有利となります。

同じような考え方で、デッキにローカード(2~6)が多く残っている状況はプレイヤーが不利ということが説明できます。

 

プレイヤーが不利になる理由としては、ディーラーは16以下のハンドの場合は必ずヒットしなければならないため、ローカードが多くデッキに残っている状況では、20や21といった強いハンドを揃える確率が高くなってしまうからです。

  • カードカウンティングの仕組みをまとめると、次の通りです。
  • デッキにハイカード(10~K, A)が多く残っている状況はプレイヤー有利
  • デッキにローカード(2~6)が多く残っている状況はディーラー有利
  • ハイカードが多く残っている状況でベットしたほうが勝率が高い!

さて、カウンティングをするには、プレイヤーがどれぐらい有利なのか・不利なのかを数値で表す必要があります。

その方法の一つが、次に解説するハイローシステムです。

 

ハイロー(Hi/Lo)システムによるカウンティング解説

ここからは実際に、ブラックジャックのカウンティングの一種であるハイローシステムをどのように使うかについて解説します。

ハイローシステムはカウントの方法もシンプルで数えやすく、実践で扱いやすい方法の一つです。

ハイローシステムでは、次のように場に出たカードをカウントします。

カードの種類 カウント
2 +1
3 +1
4 +1
5 +1
6 +1
7 0
8 0
9 0
10 -1
J -1
Q -1
K -1
A -1
  • プレイヤーに有利なハイカードが出ると-1
    └デッキ内のハイカードが少なくなるので不利になる
  • プレイヤーに不利なローカードが出ると+1
    └デッキ内のローカードが少なくなるので有利になる

カウントの数値は0からスタートします。

オンラインカジノでは自由にテーブルを選べるので、新しくデッキが入れ替えられるのを待ちましょう。

ハイローシステムをカウンティングに使うと、シングルデッキのブラックジャックの場合、カウントが+1上がるごとに0.5%程度RTPが上昇することが知られています。

ブラックジャックのRTPが99%~であることを考えると、カウントが+2以上のときにベットすれば確実にRTPが100%を超える計算になります。

ただし、オンラインカジノのライブブラックジャックは6~8デッキを使用するため、RTPの上昇は0.5%よりは小さいです。

その場合のRTPの上昇は、(カウント数)×0.5÷(デッキ数)と計算できます。

 

ベラジョンカジノのブラックジャックのデッキ数

ベラジョンカジノのブラックジャックのデッキ数

ブラックジャックのデッキ数は8デッキで、1デッキ52枚の合計416枚で構成されています。

ゲームが始まる前に毎回シャッフルが行われるためカウンティングの必要はありません。

最大5ハンドでプレイ可能です。

Evolution Gaming・Ezugi・NetEntのブラックジャック共通で8デッキなので覚えておきましょう。

 

まとめ

以上、「ベラジョンカジノのブラックジャックのデッキ数は?種類やルールなども解説」でした。

ベラジョンカジノ内のブラックジャックのデッキ数は8デッキで、Evolution Gaming・Ezugi・NetEnt共通であることが分かりました。

そして、ルールは手持ちのトランプのカードの合計が21に近い方が勝ちというシンプルなものなのでそれほど難しくないことがお分かりいただけたことだと思います。

また、ブラックジャックの種類にはライブカジノとソフトとプレイでき、特におすすめなのは「カジノ・パリ」「カジノ・コスモポリタン」「マルチハンド」です。

どれも楽しめる要素がたくさんあるので、お好みのゲームをプレイしてみてはいかがでしょうか。

 

(Visited 54 times, 1 visits today)