Xtrade64 https://pornlux.com/pornstar/xtrade64 official pornstar page. books on zlibrary official

マイニングウイルスの確認方法は?症状や駆除方法も紹介

SnapCrab NoName 2024 1 14 12 18 32 No 00
Pocket

マイニングとは、暗号資産の取引データが格納されているブロックに、正しく取引が記録されているかを検証する行為です。

マイニングウイルスは、「勝手に仮想通貨をマイニングしてしまう」というウイルスです。

マイニングウイルスに感染すると、仮想通貨の不正マイニングのために勝手にPCなどのCPUリソースを使用されてしまいます。

そこで今回の記事では、マイニングウイルスの確認方法は?症状や駆除方法も紹介していきますので最後までお読みください(^▽^)/

 

マイニングウイルスとは

coding 1841550 1280

仮想通貨は、コンピュータ上でマイニングを行うことによって、手に入れることが出来ます。

仮想通貨の取引は、ブロックに仮想通貨の個々の取引データが書き込まれ、その取引情報を第三者がチェックして承認するというブロックチェーン技術によって管理されています。

マイニングで仮想通貨の取引には、CPUパワーなどかなりのコンピュータの処理能力が必要となります。

それがマイニングウイルスに感染すると、いつの間にか自分のコンピュータが他人のために勝手にマイニングを行ってしまうのです。

つまり、勝手にコンピュータの処理能力を使われて仮想通貨の取引に利用されてしまいます。

しかも、仮想通貨の取引で発生した報酬はマイニングウイルスを仕掛けた相手が得ることになります。

※マイニングウイルスを感染させるなどの方法で他人が所有しているマシンを許可なく勝手に使用し、マイニングを行うことを「クリプトジャッキング」と呼びます。

 

マイニングウイルスのタイプ

マイニングウイルスにはつのタイプがあります。

 

マルウェア型

メールの本文に不正なリンクを設置する、添付ファイルを開かせるなどの方法でマイニングウイルス(マルウェア)に感染させるものです。

ウイルスはあくまでもマルウェアの一種であり、マルウェアは悪意を持ったソフトウェアの総称を指しています。

ただし、マイニングウイルスに感染してもほかのマルウェアのようにデータを盗み取られたり、データが破壊されたり、PCがロックされてメッセージが表示されたりという症状はないのが特徴です。

セキュリティソフトが検知しなれければ、被害を受けた人はマルウェアに感染したことも、裏でマイニングが実行されていることも気づきません。

 

Web埋め込み型

Webサイトにスプリクトを埋め込んでおき、そのページにアクセスすると訪問者が使用しているデバイスがマイニングに使用されるというものです。

中でも有名なのはCoinhiveというマイニングスクリプトです。

かつて漫画無料の海賊版サイトで「漫画村」というものがありました。

「漫画村」は、著作権を侵害していただけではなく、閲覧者に無許可でモネロという仮想通貨のマイニングができるように、スクリプト(ブラウザ上で動くプログラム)が仕込まれていたことが判明し、話題になりました。

 

マイニングウイルスの症状は

bitcoin 3090250 1280

もしコンピュータがマイニングウイルスに感染したらどうなるのでしょうか。

 

動作が重くなる

マイニングマルウエアに感染してしまった際の最も分かりやすい症状は、PCやスマートフォンの動作が重くなるというものです。

マイニングマルウエアに感染すると、マイニングのために必要なCPUやGPUといった計算ユニットが標的となり、自身のマシンの利用状況に関わらず、常に負荷が発生しPCやスマートフォンの動作が重くなります。

 

熱くなる

マイニングウイルスは、感染したPCやスマートフォンの処理能力を勝手に使用してマイニングを行うので、端末には当然に大きな負荷がかかります。

パソコンであれば熱を放散させるためにファンが異常に回転したり、スマホなら端末が熱くなります。

このような症状がみられたら、マイニングウイルスに感染している可能性が高いです。

 

バッテリーの消費が激しい

感染したPCやスマートフォンではバッテリーの消費も激しくなります。

特にスマホでは分かりやすく、これまでの半分以下の時間でバッテリーの切れてしまうなど、バッテリーの消費量に関しては急な変化がみられたら、マイニングウイルスの感染を疑いましょう。

 

マイニングウイルスの確認方法

seek 2951638 1280

何かしら症状がみられた場合、マイニングウイルスの感染の可能性があります。

確認方法としては2通りあります。

 

CPU使用率の多いアプリを探す(パソコン)

パソコンであればCPU使用率を見て、その中で割合の大きなものを探すことで、マイニングウイルスを見つけることができる場合があります。

Windowsの場合

  1. Alt+Ctrl+Deleteを同時に押して、「セキュリティオプション」を表示する
  2. 「タスクマネージャー」を表示する
  3. 「パフォーマンス」のタブでCPUの使用率(%)を確認する

 

Macの場合

  1. アプリケーションを開く
  2. ユーティリティを選択する
  3. アクティビティモニタを選択して、CPUの使用率(%)を確認する

この段階でCPUの使用率が常に100%になっている場合には、マイニングウイルスに感染している可能性があります。

そして次に、Windowsなら「タスクマネージャー」の「プロセス」タブ、Macなら「アクティビティモニタ」で、どのアプリ(プログラム)がCPU使用率を大きく占有しているかを確認してください。

見たことのない名前のアプリがCPU使用率を大きく占有しているようなら、そのアプリの名前をインターネットで検索し、ウイルスの情報が出てきたのであればアンインストールしてしまいましょう。

 

アンチウイルスソフトでスキャンする

パソコンではCPUの使用率を確認できますが、スマホでは確認できません。

そのためアンチウイルスソフトでスキャンし、ウイルス感染の有無を確認してみてください。

 

マイニングウイルスに感染していたら

感染が確認されたら、感染端末を速やかに物理的にネットワークから切り離します。

ウイルスがネットワークを通じてあらゆる端末に感染を拡大さることを防ぎます。

Wi-Fi接続、有線での接続、Bluetoothなどの機能を無効にし、感染した端末を隔離して更なる感染を防ぎましょう。

 

マイニングウイルスの駆除方法

computer 3233754 1280

自分のPCやスマートフォンが他人にマイニングに使用されているのは困りものです。

そこで、マイニングウイルスを駆除方法について紹介します。

マイニングウイルスの駆除の方法としては「セキュリティ対策ソフト」を利用するというのが有効な方法です。

 

セキュリティツールでの検出と認識

マルウェア駆除の第一歩は、感染箇所の特定です。

セキュリティツールを利用し、感染した端末全体をスキャンします。

フルスキャンはマルウェアの存在とその位置を特定する重要な作業で、これにより感染状況を正確に把握し、適切な対策を立てることが可能になります。

 

セキュリティツールでの自動削除

次に、セキュリティツールによるマルウェアの自動削除を行います。

セキュリティツールによってはマルウェア検出後、自動的に駆除してくれます。

これにより、専門知識がなくても安全にマルウェアを取り除くことが可能です。

スキャン終了後、どのようなマルウェアが検出され、自動的に削除されたのかどうか確認することが重要です。

 

PCを初期化する

セキュリティツールでマルウェアを完全に駆除できなかった場合、端末の初期化を検討する必要があります。

初期化とは、端末の設定を出荷時の状態に戻す作業のことで、これによりインストールされていたマルウェアが削除されます。

ただし、端末を初期化すると保存されていたデータが全て失われます。

あくまでも最終手段です。

 

マイニングウイルスの確認方法は?症状や駆除方法まとめ

マイニングとは、暗号資産の取引データが格納されているブロックに、正しく取引が記録されているかを検証する行為です。

マイニングウイルスは、「勝手に仮想通貨をマイニングしてしまう」というウイルスです。

マイニングウイルスに感染すると、仮想通貨の不正マイニングのために勝手にPCなどのCPUリソースを使用されてしまいます。

そこで今回の記事では、マイニングウイルスの確認方法や症状・駆除方法も紹介しましたがいかがでしたか。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

(Visited 90 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です