Xtrade64 https://pornlux.com/pornstar/xtrade64 official pornstar page.

オンラインカジノ仮想通貨の税金はどうなる?確定申告の流れを解説

オンラインカジノ仮想通貨の税金はどうなる?確定申告の流れを解説
Pocket

快適なオンラインカジノ体験のためには、出金が迅速で手数料が無料の仮想通貨がおすすめです。

現在、多くの人々が投資目的で仮想通貨を保有しており、現代では、仮想通貨は電気代の支払いやオンラインショッピングなど、私たちの日常生活に欠かせない存在となっています。

オンラインカジノで仮想通貨での出金を行った場合、税金の心配があるかもしれません。

また、確定申告が必要かどうかも気になるところです。

オンラインカジノで仮想通貨を出金する場合には、税金の申告について心配になることもあるでしょう。

この記事を参考にして、スムーズに確定申告を済ませておくと良いです。

それでは、本題に入ります。

 

オンラインカジノの仮想通貨出金に税金はかかるのか?

cryptocurrency gc86cb8f92 1280

仮想通貨を所有しているだけでは課税対象にはなりません。

また、取引の利益が年間20万円を超えない場合には、確定申告の必要がないとされています。

注意しなければならない点として、オンラインカジノで得た勝利金と、仮想通貨による取引で得た利益は全く別のものであるということです。

オンラインカジノの勝利金は一時所得に分類され、年間で50万円以上の所得があった場合には確定申告が必要です。

一方、仮想通貨による取引で得た利益は雑所得に該当します。

年間で20万円以上の所得がある場合には確定申告が必要となります。

注意して区別し、正確に申告するようにしましょう。

 

オンラインカジノの仮想通貨に税金が発生するタイミング

kelly sikkema M98NRBuzbpc unsplash scaled

オンラインカジノで課税対象となるのは、勝利金が実際に銀行口座に現金として振り込まれた時点です。

税務署がオンラインカジノでの課税対象となる所得を調査する際は、銀行口座に実際に振り込まれた金額やその履歴を確認することがあります。

オンラインカジノで得た勝利金を銀行口座に出金せずに、現金で受け取った場合は、証拠となる履歴が存在しないため、税金の支払い義務は生じません。

電子決済サービスの口座や仮想通貨のウォレットに勝利金を保管している場合は、銀行口座に振り込まれた場合と異なり、税金の支払いは免除される場合がある可能性があります。

 

オンラインカジノ仮想通貨の税金と確定申告の流れ

確定申告とは、個人または法人の所得について、売上から経費を差し引いた純利益などに応じた税金を計算し、国に納めるべき税額を報告する手続きのことです。

1月1日から12月31日までの1年間にかかる所得(売上から経費を差し引いた儲け)に応じた税金を計算し、翌年の2月16日から3月15日までの期限内に税務署に申告書類を提出して行われます。

なお、期限日が土日や祝日の場合は、休日明けの平日が期限となります。

 

1.仮想通貨の出金の税金で必要書類を集める

仮想通貨を売却して出金した場合、税金を確定申告するためには以下の書類が必要です。

– 口座情報(口座名義人、口座番号、金融機関名等)

– 確定申告書

– 仮想通貨の収支を付けた取引帳簿(取引日時、種類、金額等)

 

・口座情報

口座情報は、確定申告書を提出する際に必要となります。

また、確定申告が終わった後、源泉徴収によって納めた税金の過剰分が戻ってくる場合があります。

 

・確定申告書

確定申告を行う際には、1年間分の帳簿をしっかりとつけ、社会保険料控除証明書や寄附金受領証明書などの必要な書類を用意しておく必要があります。

これらの帳簿や書類をもとに、確定申告書類を作成していきます。

作成方法には以下の種類があります。

  • 手書きと手計算で自分で作成
  • 自分で確定申告ソフトを使って作成
  • 税理士に依頼
  • 自分で確定申告書など作成コーナーを利用

新型コロナウイルスの影響で、外出制限が発令されてからは、自宅で確定申告を行うことができる方法が増えてきました。

例えば、ネット上で提供されている確定申告ソフトやスマートフォンアプリを使えば、手軽に自宅で申告手続きができます。

 

・仮想通貨の収支をつけた取引帳簿

仮想通貨の取引においては、売上や仕入れなどのお金の流れを記録した帳簿が作成されることが一般的です。

しかし、仮想通貨の取引所では、取引の履歴が自動的に保存されるため、取引履歴を参照して確定申告を行うことができます。

ただし、取引所によっては取引履歴の保存期間が異なる場合があるため、万が一のために別途帳簿を作成しておくことをおすすめします。

また、仮想通貨の取引が多くなる場合には、公認会計士に相談して税務上のアドバイスを受けることも必要です。

 

2.仮想通貨の出金の帳簿の確認と整理

確定申告を行う際には、帳簿の提出が義務付けられているため、日々のお金の流れを記録した明細が必要となります。

具体的には、売上や仕入れの明細、給与支払いの明細、経費の明細などが含まれます。

それらの明細は毎日しっかりとつけておくことが大切です。

  • 請求書
  • 領収書
  • 受領書
  • クレジットカードの明細
  • 仮想通貨の収支を記録したもの

仮想通貨の取引は、1年間分の取引明細になるため、こまめに帳簿の整理を行うことが重要です。

具体的には、取引内容を類似したもの同士に仕分けて、細かく記載することが基本です。

そうすれば、後で処理をする際にも迅速に対応することができます。

 

3.仮想通貨で得た税金の確定申告書を作成

社会保険料控除証明書や寄附金受領証明書などの必要書類も揃えることが大切です。

それらの帳簿や書類を参考にして、確定申告の提出書類を作成していくことになります。

細部まで正確に記録することで、不要なトラブルを避けることができ、安心して確定申告を行うことができます。

 

4.仮想通貨の税金と確定申告書と必要書類を提出

確定申告書と必要書類を揃えたら、提出方法について考える必要があります。

提出方法には4つあり、「税務署に直接持参する」「e-Taxを利用する」「郵便または信書便で税務署へ郵送する」「税務署の時間外収集箱へ投函する」が挙げられます。

適切な方法を選択し、確認の上提出するようにしましょう。

 

5.仮想通貨の納税方法を決める

所得税の確定申告書を提出する際には、納税方法を選択する必要があります。

主な所得税の納付方法には、以下のようなものがあります。

 

・ダイレクト納税

e-Taxを利用する場合は、預金口座からの振替、あるいはダイレクト納付が可能です。ただし、ダイレクト納付利用届出書を提出している場合に限ります。確定申告書と納付書類をe-Tax上で操作し、簡単に納税手続きを行うことができます。

・ネットバンキングで納税

e-Taxを使って確定申告を済ませた場合、インターネットバンキングなどを使って納付することができます。

・クレジットカード経由で納税

国税クレジットカードお支払サイトを利用すれば、クレジットカードを使って納税することができます。

・コンビニで納税

納付書やQRコード・バーコードを利用して、コンビニエンスストアで所得税を支払うことができます。

・銀行振替で納税

自分の口座からの引き落としにより所得税を納付することもできますが、3月15日までに税務署に依頼書を提出する必要があります(土日の場合は週明け月曜日まで)。

口座引き落としの申請に遅れがあった場合、3月15日以降に納付することになり、延滞税が発生します。

また、源泉徴収等で、納税額が過剰だった場合、確定申告を行うことで過払い金を受け取ることができます。

この申告を「還付申告」と呼びます。

過払い金を受け取るために行う「還付申告」は、確定申告の提出期限を過ぎても翌年1月1日以降であればいつでも申告できます。

還付金の振り込み方法は、確定申告書に記載した金融機関の口座に入金されます。

 

6.仮想通貨の納税をして完了

確定申告書等の提出が完了し、納税も済んだ場合、あとは簡単で使いやすい方法で手続きを完了させればOKです。

 

オンラインカジノ仮想通貨の税金はまとめ

bitcoin ge4eabf3fe 1280

以上、オンラインカジノの仮想通貨の税金はどうなるのかを詳しく解説しました。

オンラインカジノの仮想通貨にて、税金が課税対象となるのは、勝利金が実際に銀行口座に現金として振り込まれた時点です。

また、確定申告は1月1日から12月31日までの1年間にかかる所に応じた税金を計算し、翌年の2月16日から3月15日までの期限内に税務署に申告書類を提出します。

これを怠ると脱税になり、延滞税が課せられるのでご注意ください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

(Visited 7 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です