MillenVPNは中国で使える?評判や使い方紹介

MillenVPNは中国で使えるVPN!評判や使い方紹介
Pocket

外出したとき、街中に無料Wi-Fiスポットがありますね。

スマホでネットを使うときに便利です。

しかし、無料Wi-Fiは個人情報が漏えいしてしまう危険性があります。

そこで、安全にネットを使用するためには、VPNアプリの利用がおすすめです。

今やVPNが常識ですよね。

そんなネットワークの安全を確保する為に個人や企業で広く使われているVPNですが、VPNとは何を指しているのでしょうか?

VPNとは、正式にはVirtual Private Networkという名称で、その名称の頭文字を取ってVPNと呼ばれています。

Virtual→バーチャル、仮想の
Private Network→専用の回線

直訳すると「仮想専用回線」です。

VPNを使えばネットの規制の厳しい中国では、規制回避のための手段としてVPNが用いられています。

しかし近年、中国政府によるインターネット規制はますます厳しさを増しており、これまでのVPNが使用できなくなるケースも見られています。

そこで今回の記事では、中国でインターネット規制を回避できるVPNのおすすめMillenVPNを紹介します。



0

VPNの目的


VPNの特徴から個人利用では主に4つの目的で使われています。

IPアドレスを変更

インターネットに接続するパソコンやスマホはローカルのIPアドレスを与えらています。

そのIPアドレスを見ると、どの国からアクセスしているのか位置情報が分かる仕組みになっているので海外からアクセスしていることがわかるのです。

IPアドレスとは?

インターネットに接続する時にデバイスを識別する数字のこと。IPアドレスがないとデバイスとサーバーは情報を交換できません。IPアドレスは、インターネット接続業者から自動的に割り当てられ、通常は選ぶことができません。

VPNを使うと「IPアドレス」と「現在地」が接続先のIPアドレスと現在地に置き換わります。

VPNサーバー所在地が現在地であるとインターネットの接続先に判断されます。

つまり、海外にいながら日本のVPNサーバーに接続すれば、日本にいると判断され、海外にいながらも日本限定コンテンツの視聴や閲覧が可能になります。

Hulu, AbemaTV, Netflixなどは日本限定でコンテンツを配信しており日本以外の地域からは視聴出来ません。

VPNを使う事で日本からアクセスしていると動画配信サイトに判断させる事が可能になります。

通信のセキュリティを高める

VPNを使うと通信が暗号化され、第三者からの盗み見・改ざんを阻止する事が出来ます。

カフェやホテルなどでは無料のWi-Fiスポットがありますよね。

そこでは、不特定多数の利用者が混在しており、通信データを盗み見・改ざんされたりする恐れがあります。

普段使用しているインターネットプロバイダーも私達のアクセスデータを記録しており第三者に転売もしくは親会社がそれらのデータを利用しています。

VPNを使う事によりプライバシーを保護し、安全に通信する事が出来ます。

インターネット検閲を避ける

中国はもとより、ロシアや中東地域の国家、韓国もインターネット検閲を行っており、一部のサイトもしくは国外のサイトへのアクセスを禁止しています。

インターネット検閲は主にインターネットプロバイダーなどと協力し、通信内容をフィルタリングする事で実現しています。

VPNを使う事によって通信内容を分析されずに国外のインターネットへアクセス可能になります。

VPNアプリの選び方

それでは、VPNアプリを選ぶ際にチェックしたいポイントを見ていきます。

通信の安定具合

最初に確認したいのが、接続できるサーバーの多さです。

サーバーによって接続の速さは異なりますし、それぞれのサーバーの通信状況も日々変化します。

このため、接続できるサーバーが1つだけだと、通信状況によっては通信が安定しなくなってしまいますが、接続できるサーバーの数が多いと、通信環境に合わせてサーバーをチョイスできることで通信が安定します。

日本では地域別にサーバーがある場合もありますが、アプリによっては日本自体につながらないものもあります。

地域だけでなく、国レベルで接続できた方が通信の不安定さの影響を受けにくくなりますよ。

中には、どのサーバーがどれくらいの通信速度なのか数字が出るものもあります。

より安定したサーバーを選ぶことができるのでおすすめです。

その国で使用可能かどうか

海外でVPNアプリを利用する人も多いと思いますが、その際に特に注意しておきたいのが、該当国でそのアプリが使えるかどうかです。

特に中国ではVPNの規制も厳しいので、せっかくダウンロードしても使えない場合や、これまで使えていたものが急に使えなくなる場合があります。

中国のネット規制では、YouTube・Gmail・Twitter・Instagramなどにつなげることもできないので、ネットユーザーからするとVPNアプリは必須です。

VPNを導入しておくだけで、全ての通信が暗号化され、これらのリスクを回避することができます。

Millen VPN0

ならたったの月968円でこのような危険から身を守ることができるので、必ず入れておきましょう。

中国のネット事情

世界の中でもトップレベルのインターネット規制が敷かれている中国。

一部Webサイトやサービスを自由に閲覧できないよう「グレート・ファイアウォール(金盾)」という検閲システムが採用されており、日本で一般的に使用しているWebサイトやSNSのほとんどが中国では利用することができません。

以下のサービスへの接続が禁止されています。

  •  Google
  •  Yahoo!
  •  YouTube
  • Facebook
  •  Twitter
  • Instagram
  • LINE

中国の検閲を回避する手段として、多くの人々に使用されているものがVPNです。

しかし、中国政府は2017年からサイバーセキュリティ法を施行し、VPNへのさらなる規制強化を発表しました。

上記のSNSやメッセージルールなどに加えて、VPNサービスまでもが政府から許可を得たものしか利用できなくなり、その結果、これまで接続できていたVPNが政府によってブロックされるケースも珍しくなくなっています。

無料VPNのほとんどが使用できない

中国のインターネット規制を回避するための手段として有効なVPNですが、その多くのプロバイダーは政府によって常に監視されています。

VPNの規制が強化された2017年1月以降は、特定のIPアドレスへのブロック、無料VPNの接続が制限されるなど、現時点で多くの無料VPNが使用できない状態となっています。

有料VPNまでもが規制されている現状、中国から無料VPNを使って日本のインターネットへ接続することは、現実的に難しいとされています。

現在使用できるVPNについてもこれから探知される可能性があり、まさに中国政府とVPNサービスのイタチごっこのような状態といえるでしょう。

今後の規制については予測できないため、出張等で中国でのVPN利用が必要な場合には、常に最新の規制情報を確認しておかなければなりません。

Millen VPNとは?

大手レンタルサーバーのmixhostが VPNサービスを開始しました!

「Millen VPN」(ミレンVPN) 月額968円からインターネット接続を暗号化することができます。

・フリーWiFiを使った時に情報を抜き取られたくない

・テレワークのセキュリティ強化をしたい という人はアプリをインストールするだけで、セキュリティ化することができます 。

VPNには無料の物から有料のものまで様々なものがあります。

とりあえず、無料のVPNは絶対に使わない方が良いです。

なぜかというと無料VPN事業者は、運営元の実態がよくわからないところがあり、その業者自体やウィルスを植え付けているところがあるからです。

有料のVPNサービスの多くは、運営元が海外というケースが多く、特に匿名性を担保するため、バージン諸島などに本拠地があることがあります。

なので、国内のサービスでかつ、セキュリティレベルが高く、なおかつ通信が速いサービスを選ぶ必要があります。

Millen VPNの優れている点

  • 簡単に使える
  • スマホ、PC5台分 使える
  • 高いセキュリティレベル
  • 高速通信が可能
  • とにかく安い

これらの点について具体的にわかりやすく解説します。

使い方が簡単

Millen VPNの良い点は、難しいことや仕組みがわからなくても、

アプリをインストールし、機能をオンにしておくだけで使えます。

これだけでインターネット、動画、アプリなど全ての通信が暗号化されて安全になるので、超簡単です。

スマホ・PC5台分 使える

多くの人はパソコンやスマホを合わせて数台使っているのではないでしょうか?

Millen VPNは、1つのプランを契約すれば、5台の端末まで使えます。

一人で5台を持っていない方も、

自分はパソコンとスマホに1つづつ入れて、残りの3つを家族のスマホに使えます。

セキュリティレベルが高い

VPNサービスにもセキュリティのレベルはいろいろありますが、Millen VPNはその中でもトップクラスの安全性を誇っています。

セキュリティレベルは、大手金融機関レベルの256ビット・AES暗号化を導入しており、最高品質のVPNです。

また、NOLOGポリシーと言って、通信のログ(記録)を残さない「プライバシーの権利を重要視したルール」で運営されています。

これによりVPNサーバーに残ったあなたの通信履歴が流出する…といったリスクもありません。

高速通信が可能

VPNサービスは通信が遅すぎて使い物にならない…といったものも多いですが、Millen VPNは速度面もピカイチです。

Millen VPNは日本を始め、50ヶ国1,300以上のVPNサーバーがあり、通信速度は非常に高速。

しかも「Tier1(ティアワン)」と呼ばれる、高速通信が可能なネットワークに接続しており、通信品質が高く担保されています。

速度面を考えても、間違いなくMillen VPNですね。

価格が安い

Millen VPNのすごいところは、これだけの高品質な機能を揃えていて、月968円〜という超低価格を実現している点にあります。

VPNは着けたり外したりするものではないので、1年か3年プランを使う人がほとんどです。

3年プランなら月額968円とマジでびっくりするくらいの低価格で利用することができます。

1ヶ月プランの1,628円でも考えられないくらいの安さなので、どれを選んでもOKですが、圧倒的にお得な1年か3年プランを利用するのがベストです。

この金額で、あなたのスマホやパソコン、すべてが安心して利用できるようになるので、外でWi-Fiを使う人はMillen VPN0

をインストールしたほうがいいですね。

Millen VPNの評判

他社のVPNとの違い

最後に他のVPNと比べて、Millen VPNがおすすめの理由を紹介します。

VPNを選ぶ上で、重要なポイントとは・・・

  • 海外系VPNサービスは、運営実態が見えないものが多い
  • 国内サービスではMillen VPN以外、品質がイマイチ

です。

VPNサービスの最も気をつけたいのが、運営元が通信を覗いたり、悪用できたりするという危険性があるということです。

いくら通信品質やスペックが良くても、運営会社自体がどの国のどの場所にあるかわかりづらいサービスは危険です。

※国内のサービスは、高いレベルの品質のサービスがありません。

VPNサービス比較表

NordVPN 品質が良いと言われているが…本社がパナマで運営実態が不透明
ExpressVPN 通信速度が速いと言われているが…本社がヴァージン諸島で運営実態が不透明
CyberGhost サーバーによっては速度が安定しないという話あり会社自体はルーマニアの会社だが、日本法が適用されないという不安要素も…
Surfshark 本社がヴァージン諸島で運営実態が不透明
Private Internet Access ロケーション数が少な目会社自体は米国の会社で、日本法が適用されないという不安要素あり
セカイVPN 国内サービスだが、弱点が多い・圧倒的に少ないロケーション数とサーバー数
・非常に低速
・安くもない
・プライバシーポリシーが不透明
・ノーログポリシーではないので匿名性は無い
Millen VPN0 スペックは説明した通り、トップクラスの品質さらに日本企業が運営しており、ノーログポリシーなど、匿名性も高い

安心感とスペックを唯一、兼ね備えている

Millen VPNの使い方

VPNは、通信を暗号化し、他人には何をしているのかわからなくなる…という特性を持っています。

他人から情報を見られることがなくなるので、セキュリティ以外にもこんな使い方ができるようになります。

海外の動画サービスを日本で見れる

Netflixやディズニーチャンネルなどの動画VODサービスは、日本版とアメリカ版で見れるコンテンツが違います。

権利関係の問題で、日本版で見れない映画なんかも多いです

そこで、Millen VPNで利用サーバーをアメリカに設定すれば、アメリカ版のNetflixやディズニーチャンネルを視聴することができます。

見たい番組が日本版で見れない!という方がVPNを使うケースも多いです。

制限がある国で日本のWEBサービスを使えるようになる

国によってさまざまなサービスへの接続を制限していることがあります。

規制の厳しい国ではGoogleが使えなかったり、Facebookが見れなかったり、ドバイではLINE電話が使えない…

などなど、国によっていろいろな制限があります。

VPNを使うと、制限なく海外から日本国内で使っているウェブサービスやSNSを利用することができるようになります。

また、海外に旅行に行ったときや、出張時などの際、利用している日本の動画サービスが見れないケースがあります。

旅行に行った時なども、ホテルで動画を見たりすることがあると思いますが、そのような場合もMillen VPNをインストールしていると安心です。

まとめ

VPNを使えばネットの規制の厳しい中国では、規制回避のための手段としてVPNが用いられています。

しかし近年、中国政府によるインターネット規制はますます厳しさを増しており、これまでのVPNが使用できなくなるケースも見られています。

そこで今回の記事では、中国でインターネット規制を回避できるVPNのおすすめMillenVPNを紹介しました。

(Visited 573 times, 1 visits today)