Xtrade64 https://pornlux.com/pornstar/xtrade64 official pornstar page. books on zlibrary official

ACIDMANの人気代表曲は?来歴やメンバー紹介

SnapCrab NoName 2024 1 9 21 55 0 No 00
Pocket

ACIDMANと言ったら、ガレージ、パンク、ジャズ、ボサノヴァ、ファンク、R&Bなど、さまざまな演奏技法をクロスオーバーさせた楽曲などが特徴ですよね。

ACIDMANは、2002年『創』でメジャーデビュー。

今後も活躍が楽しみです。

そこで、ACIDMANの人気代表曲は?活動情報やメンバー紹介していきます。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

 

ACIDMANの人気代表曲は?

 

赤橙

1990年代からインディーズで活動していたACIDMANの人気が出るきっかけになった曲が『赤橙』です。

2000年にインディーズシングルとしてリリースされ、メジャーデビュー後の2002年に再リリースされています。

音楽番組『COUNT DOWN TV』のオープニングテーマに起用され、ラジオでもヘビーローテーションされました。

 

愛を両手に

「愛を両手に」はACIDMAN史上初となるドラマ仕立てのMVとなっており、主演を務めるのは数多くの映画、ドラマに出演する新井浩文。

 

アルケミスト

ブラジルの小説家であるパウロ・コエーリョの小説『アルケミスト – 夢を旅した少年』をモチーフにして制作されたそうです。

 

世界が終わる夜

大木がテーマとして掲げ続けている悠久の宇宙と限りある生命、さらに”死”を越えていくという「非日常的情景」を、”僕”と”君”という「日常的情景」の描写で表現している。

 

造花が笑う

メジャーデビュー初シングルとなりました。

今でもライブの定番曲となっています。

 

輝けるもの

漫画実写化映画『ゴールデンカムイ』主題歌

 

ACIDMANの来歴

  • 1997年:ACIDMAN結成。
  • 1999年:現在のスリーピースの形になり、下北沢、渋谷を拠点に活動する[
  • 2000年:インディーズ版『赤橙』が発売。
  • 2001年:『赤橙』有線年間インディーズチャート3位獲得。『
  • 2002年:3月ミニアルバム『酸化空』を発売。オリコンインディーズチャート初登場29位獲得。
  • 2003年:2ndアルバム『Loop』発売。オリコンアルバムチャート初登場6位獲得。
  • 2004年:TRIPLE SIDE-A SINGLE『水写』発売。ACIDMAN主催「Cinema vol.2」開催。
  • 2005年:SINGLE『ある証明』、REST SINGLE『季節の灯』、ACT SINGLE『world symphony』発売。
  • 2006年:SINGLE『スロウレイン』『プリズムの夜』発売。
  • 2007年:5th ALBUM『green chord』発売。オリコンアルバムチャート初登場8位獲得。
  • 2008年:3部作SINGLE 第3弾『式日』、SINGLE『I stand free』発売。
  • 2009年:7th ALBUM『A beautiful greed』発売。オリコンアルバム週間チャート4位獲得。
  • 2010年:LIVE DVD『ACIDMAN LIVE TOUR“A beautiful greed” in 日本武道館』発売。
  • 2011年:8th DVD CLIP集『scene of ALMA』発売。
  • 2012年:ROCK IN JAPAN FESTIVALにおいてメインステージの大トリを務める。SINGLE『新世界』発売。
  • 2013年:9th ALBUM『新世界』発売。アルバム収録楽曲「風追い人」にゲストミュージシャンとして坂本龍一が参加。
  • 2014年:俳優・綾野剛の密着ドキュメント作品『情熱大陸×綾野剛 プレミアム・エディション』に、ACIDMAN書き下ろし楽曲を提供。10th ALBUM『有と無』発売。オリコン初登場9位を記録
  • 2015年:「時短系」全身シャンプー”RAINY”の企業CMへ楽曲提供。
  • 2016年:NHKホールにて行われた追加公演では、自身初の試みとしてacousticとrockの2部構成を行う。
  • 2017年:11th ALBUM『Λ(ラムダ)』発売。収録曲「空白の鳥」を、吉田恵輔監督の映画「犬猿」の主題歌として書き下ろす。SINGLE 『愛を両手に』発売。
  • 2018年:ACIDMAN LIVE TOUR “Λ(ラムダ)“を敢行。15都市16公演。ファイナル公演は6度目となる日本武道館公演。
  • 2019年:ファン投票によってセットリストが決定する”ANTHOLOGY”の第2弾、LIVE TOUR”ANTHOLOGY2”を敢行。
  • 2020年:2012年以降毎年開催している「ACIDMAN LIVE in FUKUSHIMA」を新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止し、YouTubeにて無観客ライブの生配信を実施。
  • 2021年:10回目となる「ACIDMAN LIVE in FUKUSHIMA 2021」をいわき芸術文化交流館アリオス中劇場にて開催。
  • 2022年:5月11日・12日・19日、yamaとの共同東名阪対バンツアー「軌道共鳴 2022」を開催。
  • 2023年:3度目となる「これぞACIDMAN」というセットリストで行われるワンマンライブ「This is ACIDMAN 2023」を福岡、東京にて開催。映像作品『ACIDMAN presents「SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI” 2022」Live & Documentary FILM』の発売を記念して、映画館にて先行上映会を実施。

 

ACIDMANのメンバー紹介

    • 大木 伸夫(おおき のぶお、1977年8月3日(46歳) – ) ボーカル・ギター

  • 佐藤 雅俊(さとう まさとし、1977年4月7日(46歳) – ) ベース・コーラス
  • 浦山 一悟(うらやま いちご、1978年3月27日(45歳) – ) ドラムス・コーラス

 

ACIDMANの人気代表曲は?来歴やメンバーまとめ


ACIDMANと言ったら、ガレージ、パンク、ジャズ、ボサノヴァ、ファンク、R&Bなど、さまざまな演奏技法をクロスオーバーさせた楽曲などが特徴ですよね。

ACIDMANは、2002年『創』でメジャーデビュー。

今後も活躍が楽しみですね(^▽^)/

それでは最後までお読みいただきありがとうございました^^

(Visited 48 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です